ヤマグルマまだ紅葉せず

 「スワンヒルの庭」の西側のヤマグルマが例年だと10月末から紅葉がはじまるのですが、今年はまだ紅葉になっていません。本園では、昨年11月11日に初雪でしたが、今日、11月17日現在で、最低気温が氷点下を下回らない日が続いていて、初雪もまだです。紅葉が始まらないのは暖かいせいなのでしょうか。

 

ヤマグルマ(ヤマグルマ科) 

 日本では、本州(山形県以南)、四国、九州、琉球、伊豆諸島に、東アジアでは、台湾、朝鮮半島南部に分布します。山中に生える落葉樹で幹は直立し、高さ17m位になります。葉は枝先に集まってやや輪状につき、長柄があり、革質で光沢があります。春枝先に総状花序を出し、黄緑色の両性花を開きます。苞(ほう)(蕾(つぼみ)を包むように葉が変形した部分)は早く落ちます。花柄は長く、花被はありません。雄しべは多数で葯は淡黄色。心皮(「花」の各要素は「葉」の変形と考えられ、雌しべを構成する「葉」を「心皮」(しんぴ)といいます。)は5~10。樹皮から鳥もちを作ります。トリモチノキともいいます。

アオハダの実 落葉した木に鮮やかに

 アオハダ(モチノキ科)はすっかり落葉し、黄葉が綺麗だった葉がすっかりなくなっています。そして、一際鮮やかに見えるようになったのがアオハダの実です。9月の頃の、緑の葉の間に見え隠れする赤い実も綺麗でした。また、10月の、黄葉の中に見える赤い実も素敵でした。11月の、落葉した後のアオハダの実もまた見ごたえがあります。

ヤマモミジ 葉が落ちたのに何?

 ヤマモミジ(ムクロジ科)の紅葉も終わり、葉がすっかり落ちてしまいました。

 あれっ、カエデの林の中のヤマモミジの木に、何かたくさんついています。枯葉でしょうか?近づいてみると、実がたくさん付いています。まるで渋い色の花が咲いているようです。実には翼が付いていて(翼果)、落ちるときにプロペラのようにくるくると回って地面に落ちていきます。風に飛ばされやすいように翼が付いているといわれています。真ん中の膨らんだところが種子です。子どもの頃、モミジの翼果をとって上から落としてくるくる回って落ちるのを楽しんで遊んだ方もいると思います。

 翼果は2個セットで付いていますが、V字型(ブーメラン型)に付くのがヤマモミジで、東北から北陸にかけての日本海側の多雪地帯に分布します。一方、太平洋側・西日本でみられる、葉がヤマモミジより小ぶりなイロハモミジの翼果はほぼ水平に開きます。

開園日について

アーカイブ