観察日記

春の妖精 カタクリが咲き始めました

投稿日:2020年4月5日

カタクリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カタクリ(ユリ科)
花被片の反り返った淡紅紫色のカタクリの花が咲き始めました。どこの山にも生えていて普通に見られた植物で、カタクリの鱗茎(地下の茎)からデンプンを採りました。片栗粉という名はそこからきています。しかし、今ではあまり見られなくなってしまいました。(「ひょうたん池」の西側でみられます)

 

 

 

 

サンシュユ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンシュユ(ミズキ科)
サンシュユの木に、黄色い花がたくさん付いています。近づいてみると、小さな小花が集まってひとつの塊になっています。天気の良い日の黄色いサンシュユの花はとても美しく、「春黄金花(はるこがねばな)」と呼ばれています。(「吉林の庭」・「薬草コーナー」で見られます)

 

 

 

エゾムラサキツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾムラサキツツジ(ツツジ科)
自生地の北海道では5月に開花するようです。野草園では、ツツジ類の中でもいち早く咲きます。半落葉低木で葉が革質です。花は、赤みがかった紫色で広い漏斗型で雄しべは10個あり葯も紫色をしています。(「ロックガーデン」の登り始めた所に見られます)

 

 

 

 

 

ナニワズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナニワズ(ジンチョウゲ科)
北海道~本州の、主に日本海側の山地に生える落葉小低木です。雌雄異株で黄色い小さな花を枝先に集めてつけます。花弁のように見えるのは、黄色の萼筒(がくとう)で4裂しています。別名エゾオニシバリと呼ばれており、枝の強さを鬼を縛れるくらいと表現したようです。(「クリンソウの谷」の藤棚の南側で見られます)

 

 

 

 

キバナノアマナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キバナノアマナ(ユリ科)
少し湿った草地などに生える多年草で、群生はせず平べったい線形の葉をつけます。花茎を10cm程伸ばして先端に3~5個の淡黄色の花をつけます。ユリ科なので鱗茎(地下茎)があり、甘みがあることが名の由来です。 (「ハーブ園」の近くで見られます。)

 

 

 

オオイヌノフグリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオイヌノフグリ(ゴマノハグサ科)
街の中でも普通に見られる植物で、園内でも至る所に咲いています。ヨーロッパ原産の帰化植物です。花は晴れた朝に開き、虫によって花粉を運んでもらう虫媒花ですが、夕方に花がしぼむ時に自家受粉も行われます。花は太陽の光によって開閉します。(学習センター西側で見られます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早春の花が次々と咲き始めています

投稿日:2020年4月2日

ジュウガツザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュウガツザクラ《十月桜》(バラ科)
野草園には、野生種・園芸種合わせて20数種類の桜があります。その中で一番最初に咲くのがジュウガツザクラです。コヒガンザクラの園芸品種で、花は八重咲きです。名を漢字で書くと「十月桜」、春と秋(10月頃)にも花が咲きます。秋に咲く花は春より少し小さいようです。(料金所前バス停付近で見られます)

 

 

 

 

キクザキイチゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キクザキイチゲ《菊咲一華》(キンポウゲ科)
雪が消えた枯れ葉の多い林の下や林の縁に、いち早く咲き出します。花色は淡紫青色や白色などがあります。日が当たると花が開き、曇ってくると閉じてしまいます。キク科ではありませんが、花の様子が菊に似ていることと一輪の花を咲かせることが名の由来です。 (「ミズバショウの谷」の東側などで見られます)

 

 

 

 

 

ショウジョウバカマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショウジョウバカマ《猩々袴》(シュロソウ科)
早春に咲く常緑多年草の一つで、地面に広がった根生葉の真ん中から花茎を立ち上げ、淡い紫色の花(白花もある)を咲かせます。開花した後、花茎が伸びてきます。花はたくさんの小花の集まりで、花後一時的に赤くなります。それを、能楽の妖怪「猩々(しょうじょう)」の赤毛に、葉をその袴(はかま)に見立てたのが名の由来です。 (「ミズバショウの谷」の東側に見られます)

 

 

 

 

フキノトウP4094150

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フキ《蕗の薹》(キク科)
淡緑色の苞に包まれたフキの若い花茎がフキノトウです。雌雄異株であり、頭花の黄色っぽいのが雄花、写真のように花が白っぽいのが雌花です。雌花は受粉後花茎を伸ばし、タンポポのように線毛を付けた種子を飛ばします。フキノトウは春の山菜として食べられています。また、成長すると丸い大きな葉を付け葉柄は食用にされます。 (園内の所々に見られます)

 

 

 

 

ヒメカンアオイDSC_0048 (2)ヒメカンアオイP4034047

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメカンアオイ《姫寒葵》(ウマノスズクサ科)
本州~四国に分布する背丈の低い常緑多年草です。カンアオイの仲間で花径は1cm程、小型なので名がヒメカンアオイのようです。花は、褐色の萼の先が三角状に開き、中に雄しべと雌しべがあります。花は地面にあり、全く目立ちませんので葉を持ち上げて探さなければなりません。 (「吉林の庭」の東側に見られます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野草園オープン ! ミズバショウの谷はザゼンソウでいっぱい

投稿日:2020年4月1日

ザゼンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザゼンソウ(サトイモ科)

野草園の代表的な早春の花で、湿地におよそ一万株が群生します。花びらのように見える暗紫茶色の部分は葉が変化したもので、仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれています。仏炎苞の中にあるものが花序(小花の集まり)です。植物のかたちが、岩穴で座禅をする僧侶の姿に似ていることが名の由来です。(「ミズバショウの谷」で見られます)

 

 

オオミスミソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオミスミソウ(キンポウゲ科)

雪解けころに可憐な花を咲かせるので、別名「雪割草」とも呼ばれます。白い花弁のようにみえるのは、花弁状の萼片で6~8個あります。天気が良く日が差すと、花が大きく開きます。3つに裂けた葉の角がいずれも尖っていることが、「三角草(みすみそう)」という名の由来です。(「ミズバショウの谷」西側土手で見られます)

 

 

リュウキンカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リュウキンカ(キンポウゲ科)
湿地に生え、葉は丸い形をしています。径2~3cmの黄色の花弁のように見えるのは、花弁状の萼片です。鮮やかな黄色が金色のように見え、立った茎に花をつけることが「立金花」という名の由来です。野草園にあるリュウキンカは秋(9月下旬頃)にも花を咲かせます。(「ミズバショウの谷」等で見られます)

 

 

アズマイチゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アズマイチゲ(キンポウゲ科)
春の日差しを受け、早春の間にだけ咲いて、夏には葉や茎も枯れてしまう短い命です。白い花弁のように見えるものは、、8~13個の花弁状の白い萼片です。切れ込みのほとんどない葉が下に垂れているのが特徴です。天気が良く、日が差すときだけ花が大きく開きます。東日本に多く分布しイチリンソウ(イチゲ)の仲間であることが名の由来です。(「ひょうたん池」西側で見られます)

 

 

マルバマンサク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバマンサク(マンサク科)
本種は日本海側に多く、太平洋側に多いマンサクと違い、葉の上部が尖らずに円い形です。花は黄色い線形の花弁と紫紅色の萼が目立ちます。春一番にまず咲くのでマンサクと言われます。(「マグノリア通り」等で見られます)