開園日について

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

梅雨本番 アジサイの季節

投稿日:2020年7月2日

エゾアジサイ (4) P7036875

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾアジサイ(アジサイ科)
光の弱い林の中や沢沿いに、飾り花の美しい淡青色が似合います。優しさを感じるような色合いです。日本海側にはエゾアジサイ、太平洋側にはヤマアジサイ、棲み分けて自生しているようです。山形県では奥羽山系にも自生します。ヤマアジサイより本種のほうが、葉や飾り花が大きいようです。両性花の受粉が終わると、周りの装飾花がくるりと裏返ってしまいます。虫に「あとは来なくても大丈夫!」と知らせているのでしょうか。何とも不思議です。 (「アジサイロード」で見ることができます)

 

 

 

P6276491 P6301026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タマガワホトトギス(ユリ科)
黄色の花に紫褐色の斑点が入り、ホトトギスらしい花です。夏になると、本園でも夏鳥であるホトトギスの鳴き声を聞くことができますが、花の斑点の様子が夏鳥ホトトギスの胸元の羽毛の斑紋の様子に似ることが名前の由来だそうです。それでは、“タマガワ”は?どうも、命名者が黄色い花から“ヤマブキ”の名所 “京都の玉川”を思い浮かべたとか。なるほど、それでタマガワホトトギスか。(「ロックガーデン」で見ることができます)

 

 

 

P6266448 P6286546

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノリウツギ(アジサイ科)
今では和紙づくりは随分少なくなってしまいましたが、この木の樹皮(内皮)の粘液を和紙を漉くときの“のり”にしたとのことです。低山から比較的高いところまでの至る所に自生してるので、この時季に山に出かけるとノリウツギの白い花が目立つようです。同じアジサイの仲間であるエゾアジサイに比べると、飾り花の数が少なくまばらに感じます。(「ミズバショウの谷」などで見ることができます)

 

 

 

DSC_0559 DSC_0248

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メタカラコウ(キク科)
花弁が多いオタカラコウに比べて花弁が少なく、1~3枚の舌状花を見るとさびしい感じがします。花弁の多い“雄“タカラコウに対して、花弁の少ない“雌”タカラコウという名がつきました。タカラコウ(宝香)とは、竜脳香(りゅうのうこう)のことで、本種の根茎の香りに由来しているようです。 (「クリンソウの谷」の西側で見ることができます)

 

 

 

 

ジュンサイ P6266413

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュンサイ(スイレン科)
なんと地味な花なのでしょう。それもそのはず、ジュンサイは“風媒花”、虫を呼ぶために美しく着飾る必要がないのです。ジュンサイの花は2日間開く花です。1日目は雌しべだけが成熟して雌花になり夕方一旦水没。2日目は雄しべを成熟させて雄花になり風に乗せて花粉を飛ばします。夕方再び水没。そして、結実。なんと不思議な花でしょう。そんな工夫をしていたなんて驚きです。ジュンサイすごい! (「ひょうたん池」で見ることができます)

 

 

 

P6261016 P6266340 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キツネノボタン(キンポウゲ科)
童話に出てくるような可愛い名前で、金平糖のような形の実をつけます。これが“狐の釦(ボタン)”だと思っていたら、葉が牡丹の葉に似るからなのだそうです。ではキツネは何でしょう?諸説あるようですが、「牡丹のような綺麗な花が咲くかと思ったらだまされた!」、それで“キツネ”がついたとか。 (園内の所々で見ることができます)

 

 

 

たくさんの白い花が横になびくオカトラノオ

投稿日:2020年6月30日

P7036781 DSC_0313

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オカトラノオ(サクラソウ科)
梅雨時、野草園に雨が多く降る頃、オカトラノオが咲き出します。すっと真っ直ぐに茎を立ち上げ、その頂にたくさんの白い花をつけて横になびかせる姿はとても印象的です。その花穂の姿が“虎の尾”に似ていることが名前の由来のようです。 (「マグノリア通り」などで見ることができます)

 

 

 

P6286611 P6286695 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クララ(マメ科)
この植物の名前を聞くと、多くの方が某アニメに登場する女の子のことを思い浮かべるようです。でも、太い根を噛むと、とても苦くて“クラクラする(目がくらむ)”というのが名前の由来のようです。由来を聞くと、思わず笑ってしまいます。古名は“まいりぐさ(末比里久佐)”、苦くて参りましたということらしいのですが、ますます面白い名前です。(「マグノリア通り」の南西側などで見ることができます)

 

 

 

DSC_0424マタタビ P6266240

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マタタビ(マタタビ科)
この時季、山に出かけると白くなっている葉をたくさん見かけます。マタタビの葉です。花の咲く頃、枝先の葉の一部が白くなり、虫たちに花の位置を知らせているとも言われています。近づいて葉の下を見ると、花があります。雌雄異株で、雄花(写真左)はたくさんの黄色い葯が目立ちます。両性花(写真右)は中央に毛のような花柱があります。よく観察してみましょう。 (「大平沼」の北側で見ることができます)

 

 

 

DSC_0194 DSC_0165

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒツジグサ(スイレン科)
水に浮かぶ、白いヒツジのようだから“ヒツジグサ”だと思ったら全く違っていました。ヒツジグサのヒツジとは、“未(ひつじ)の刻”(午後1時~3時)のことです。未の刻頃に花が開くことが名前の由来のようです。でも、ずっと早い時刻から咲いているせっかちな花もあります。スイレンに比べるとずっと小さい花ですが、日本に自生するスイレンの仲間です。(「大平沼」で見ることができます)

 

 

 

DSC_0442ムラサキシキブ P6286687

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキシキブ(シソ科)
夏の初め淡紫色の小さな花を咲かせ、秋から初冬にかけて紫色の小さな果実が熟します。どちらの紫色も、とても美しい色です。名前の由来は、「紫色のシキミ(重なる実のこと)」が転訛したとも、紫色の清楚な実を平安美女の紫式部にたとえたとも言われています。 (「ミズバショウの谷」などで見ることができます)

 

 

 

P6286506 DSC_0244

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤナギラン(アカバナ科)
たくさんの花が下から上に順に咲き上がっていきます。開花後、雄しべが先に熟して花粉を散らし、後から雌しべの先が十字に開いて受粉できるようになります《雄性先熟》。右側の写真をよく見ると、雌しべの様子がよく分かります。細長い葉がヤナギを、花がランを思わせることが名前の由来のようです。 (「クリンソウの谷」などで見ることができます)

 

 

 

 

 

ふわっとした柔らかい印象 アワモリショウマ

投稿日:2020年6月27日

DSC_0290 DSC_0294 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アワモリショウマ(ユキノシタ科)
小花がたくさん付いている様子が、盛り上がる泡のように見えます。また、何枚かの小葉からなる葉はサラシナショウマ(升麻)の葉に似ています。それが名前の由来です。九州から近畿地方の山地などに自生する植物ですが、とてもきれいな花を咲かせるので、観賞用に庭園などにも植えられる多年生草本です。 (「七草の庭」で見ることができます)

 

 

 

DSC_0237 (2)DSC_0414マルバノイチヤウソウ (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバノイチヤクソウ(ツツジ科)
深山の林の中に生える多年草で、野草園で見ることのできる3種類のイチヤクソウの中のひとつです。今は本種だけが咲いています。葉は柄があり円い形をしていることが名前の由来です。下向きに咲く花が何とも可愛げです。 (「野草の丘」頂上付近で見ることができます)

 

 

 

アサザ (5) アサザ (17)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アサザ(ミツガシワ科)
水辺に咲く可憐な一日花です。浅い水辺に生えることが名前の由来になっているようです。葉の腋から花茎を伸ばし、黄色い花を水面に咲かせます。その花の縁は糸状に細かく裂けているのが特徴です。 (「水辺の花コーナー」で見ることができます)

 

 

 

DSC_0236 DSC_0235 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ママコナ(ハマウツボ科)
“飯子菜”と書いて、ママコナと読みます。赤紫色の唇形花にある白い膨らみの部分がご飯粒に見えることが名前の由来だという説があります。花の盛りが過ぎると、白い膨らみの部分は赤色に変化していくようです。(「野草の丘」林近辺で見ることができます)

 

 

 

P7120024 P7190459

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドクゼリ(セリ科)
何とも怖い響きの名前です。セリに似ていますが、草丈は80~100cmと大きく、地下茎も太くて竹のような節があります。本種の若葉を、普通のセリと間違えて食べ中毒事故も起きています。日本三大有毒植物のひとつです。名前は怖いですが、優しい感じの花を咲かせます。 (「水辺の花コーナー」で見ることができます)

 

 

 

DSC_0289 DSC_0288 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニノヤガラ(ラン科)
葉がなく、茎だけが真っ直ぐ地面から突き出しています。まるで、林の中の草むらに矢が突き刺さっているような雰囲気です。空の上から鬼が矢を放ったのでしょうか。まさに、《鬼の矢柄》です。オニノヤガラは腐生植物と言われ、光合成を行わずナラタケ属の菌に寄生して養分を得る特殊な生態の多年草です(「薬草コーナー」の東側の杉林で見ることができます)