観察日記

ヤマモミジ 葉が落ちたのに何?

 ヤマモミジ(ムクロジ科)の紅葉も終わり、葉がすっかり落ちてしまいました。

 あれっ、カエデの林の中のヤマモミジの木に、何かたくさんついています。枯葉でしょうか?近づいてみると、実がたくさん付いています。まるで渋い色の花が咲いているようです。実には翼が付いていて(翼果)、落ちるときにプロペラのようにくるくると回って地面に落ちていきます。風に飛ばされやすいように翼が付いているといわれています。真ん中の膨らんだところが種子です。子どもの頃、モミジの翼果をとって上から落としてくるくる回って落ちるのを楽しんで遊んだ方もいると思います。

 翼果は2個セットで付いていますが、V字型(ブーメラン型)に付くのがヤマモミジで、東北から北陸にかけての日本海側の多雪地帯に分布します。一方、太平洋側・西日本でみられる、葉がヤマモミジより小ぶりなイロハモミジの翼果はほぼ水平に開きます。

トチノキの冬芽 太陽の光を反射しピカピカ

 トチノキ(ムクロジ科)の冬芽が、晩秋の太陽に照らされてピカピカ光っています。トチノキの冬芽は樹脂におおわれているので、太陽の光を反射し輝いて見えるのです。近づいて冬芽に触ってみると、べとべとします。この樹脂で冬芽は寒さを防ぎ、また、虫の侵入も防いでいるといわれています。

トチノキ(ムクロジ科)

落葉性の高木で、日本固有種です。水気を好み、沢筋などの適度に湿気のある肥沃な土壌で育ちます。葉は非常に大きく、長い葉柄の先に倒卵形の小葉5-7枚を掌状につけます(掌状複葉)。葉の間から穂状の花を咲かせます。花は白〜薄い紅色です。果実は、一般的に「栃の実」と呼ばれて食用になります。栃木県の郷土の木として親しまれています。

ハンノキもしっかり春の準備を整えました

 林野の湿地に生え、また植林される高さ17mになる落葉樹。幹は直立し分枝します。葉は有柄で互生し、雌雄同株。前年の秋に枝について越年した雄花の尾状花序は、有柄で黒紫褐色となり早春に垂れ下がります。雌花穂は雄花穂の下部につき、紅紫色で鱗片ごとに2個の花をつけます。果穂は楕円体の球果状で染料に用います。

 今時分のハンノキは、昨年の実から今年の実、雄花の冬芽、冬芽よ勢ぞろいの様相です。すっかり春の準備を整え、冬越しを万全の態勢でいます。

開園日について

アーカイブ