カレンダー

2019年2月
« 1月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

「スワンヒルの庭」の鮮やかな黄色の花、ヤナギバヒマワリ

投稿日:2018年10月20日

ヤナギバヒマワリの群生ヤナギバヒマワリ3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「スワンヒルの庭」のヤナギバヒマワリの群生(キク科)

「スワンヒルの庭」の広場の周りには黄色い菊の仲間のヤナギバヒマワリ(写真右)が列状に咲き誇っています。別名はゴールデンピラミッド、花が茎にたくさん付くと、株全体が三角錐形(ピラミッド形)の花の集まりになるから名づけられたようです。

 

 

アキニレの果実2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキニレの果実(ニレ科)

山地や平地に生える樹高15mにもなる落葉高木です。葉は革質で少し硬く、葉脈が斜め平行になっています。花が終わるとすぐ楕円形の果実をたくさん付けます。果実には翼があり黄緑色ですが、しだいに赤みをおびてきます。そして強い風によって吹き落されます。 (「ボルダーの庭」に見られます)

 

 

カリンの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カリンの果実(バラ科)

中国原産の落葉高木で、春に淡紅色の花が短枝の先に一個ずつ咲きました。今は大きな果実が付いています。果実は表面に毛がなく黄熟します。果肉はかたく、酸味も強くて生食はできませんが、砂糖漬にしたり、芳香があるので果実酒(カリン酒)にしたりします。また薬用にも使われます。 (「薬草コーナー」や「吉林の庭」に見られます)

 

 

シラキの紅葉シラキの紅葉の葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラキの紅葉(トウダイグサ科)

山野の林縁などに生える高さ3~10mの落葉小高木です。葉は広い卵形で、縁は全縁ですが大きな波状です。赤くきれいに紅葉し、3つの種子を持つ黒褐色の球形の果実を付けます。その種子は多くの油分を含み、食べると香ばしい味がします。 (「ロックガ-デン」に見られます)

 

 

 

春ばかりでなく秋も咲くジュウガツザクラ

投稿日:2018年10月17日

ジュウガツザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュウガツザクラ(バラ科)

コヒガンザクラの園芸品種で、春(4月)と秋(10~11月)の2回開花します。花は淡紅白色で八重咲きです。名前は「十月桜」で10月頃に開花するからです。春に比べ秋に咲く花はやや小さいようです。尚、コヒガンザクラはエドヒガンとマメザクラの交雑種です。 (本園駐車場の南東側などに見られます)

 

 

サンシュユの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンシュユの果実(ミズキ科)

春には黄色い小花をたくさんつけていましたが、今はグミのような赤い果実をたくさんつけています。渋くて美味しくありませんが、その果実を使って果実酒を造り強精剤などとして使われます。 (「吉林の庭」に見られます)

 

 

サラサドウダンの紅葉サラサドウダンの紅葉の葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラサドウダンの紅葉(ツツジ科)

互生する楕円形の葉は枝の先に集まって付き、裏に毛が多いです。今はその葉が美しく紅葉しています。春に鐘形の淡紅白色で紅色の筋が入った花が花柄に下向きに付きましたが、今は果実が付いています。 (中央広場の西側に見られます)

 

 

イシミカワの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イシミカワの果実(タデ科)

つる性の1年生草本です。茎には鋭い下向きの刺があり他の植物等にひっかかりながらつる状に伸びていきます。葉は三角形で長い柄があり淡黄白色の小花を付けます。今は丸い葉状の苞の上に数個の紅紫色や青藍色の果実がのっています。 (「学習センター」の西側の金網に見られます)

「スワンヒルの庭」の紅葉が深まり、秋の草花も鮮やかです

投稿日:2018年10月14日

スワンヒルの庭とセンニチコウセンニチコウ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「スワンヒルの庭」の南側の紅葉とセンニチコウの群生

野草園の東側に友好姉妹都市の庭があります。その1つである「スワンヒルの庭」は、樹木も紅葉し秋の草花が咲いています。広場には赤紫色のセンニチコウ(写真右)が一面咲き誇っています。その中には白色のセンニチコウもZAOの文字状に咲いています。

 

 

キバナコスモスの群生キバナコスモス2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「スワンヒルの庭」の南側のキバナコスモスの群生

「スワンヒルの庭」の南側に橙色のキバナコスモスとその奥にコスモスが一面咲いています。キバナコスモス(写真右)はメキシコ原産の一年草で、草丈が30~120cm。野草園に咲いているのは八重咲きです。

 

 

コナラの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コナラの果実(ブナ科)

高さが30mにもなる落葉高木で野草園内にもたくさんあります。葉は倒卵形で縁には大形の尖った鋸歯があります。春に黄色いたくさんの雄花序が垂れ下がり、雌花は小さく枝先につきます。今はそれが卵状楕円形の果実(堅果)「いわゆるドングリ」になっています。

(園内の所々に見られます)

 

 

ツルリンドウの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルリンドウの果実(リンドウ科)

山地の木陰などに生えるつる性の多年草で夏に淡紫色で先が浅く5裂した筒状の花を咲かせていましたが、今は濃い紅紫色の長さ2cm程の果実(液果)を付けています。 (「野草の丘」の北側などに見られます)