カレンダー

2018年10月
« 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

宮城県のシンボルの花、ミヤギノハギ

投稿日:2018年9月19日

ミヤギノハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤギノハギ(マメ科)

高さ1~1.5mの落葉小低木で、枝は柔らかく垂れています。葉は3出複葉で葉の腋から葉より長い総状花序を出し、小さな紅紫色の蝶形の花をたくさん付けます。日本海側に自生するケハギの変種と言われ、名は萩の産地の仙台市の「宮城野」にあやかって名づけられたようです。  (「七草の庭」に見られます)

 

 

ユキザサの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユキザサの果実(キジカクシ科)

山地の林の中など陰地に自生する多年草で、葉は広い卵形で先が尖り、葉脈が明瞭で笹の葉に似ています。5月に、花茎の先に円錐花序を出し6弁の白い小花を多数つけました。今は球形の液果が赤く熟して目立ちます。 (「薬草コーナー」の南側の斜面に見られます)

 

 

ズミの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ズミの果実(バラ科)

リンゴの台木として利用されることで知られている木で、花はリンゴとそっくりです。今、径6~10mmの赤茶色の果実がたくさん付いています。名前の由来は、酸っぱい実だから“酸実”スミという説もありますが、樹皮が黄色い染料として使われたため“染み”という説もあります。仲間にはエゾリンゴがあります。 (「マグノリア通り」に見られます)

 

 

キンミズヒキの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンミズヒキの果実(バラ科)

園内の林縁や道端などに、黄色い小花をたくさん付けた細長い花序が見られました。今は花後で、花の萼筒にはカギ状の棘がたくさんあり果実を包んでいます。それが動物や人の衣類にくっつき果実を運んでもらいます。 (園内の所々に見られます)

 

 

 

コスモス(秋桜)が開花

投稿日:2018年9月17日

コスモス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コスモス(キク科)

メキシコ原産の1年草で草丈が1~1.5mになります。葉は対生し、羽状に分裂し、裂片は線形です。分岐した茎頂に径6cm程の花をつけます。色は白色、淡紅色、深紅色と多彩です。花は8個の舌状花が周囲に並び、中央に黄色の筒状花があります。 (「スワンヒルの庭」などに見られます)

 

 

ヤクシソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤクシソウ(キク科)

日当たりの良い草地や道端に生え、草丈30~60cmの2年草です。葉は鋸歯のある細長い心形で基部は茎を抱きます。枝先に黄色の舌状花だけの花を多数つけます。名前の「薬師草」の由来は、葉が薬師如来の光背に似ることのようです。しかし他の説もあります。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

ハナタデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナタデ(タデ科)

山野の林縁などのやや湿った所に多く生える草丈30~60cmの1年草です。茎の下部は地を這います。花序は細長く伸び、紅色~淡紅色の小さな花を多数つけます。別名ヤブタデと言います。 (「クリンソウの谷」などに見られます)

 

 

ヌスビトハギの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヌスビトハギの果実(マメ科)

やや日陰の藪や草地に生える多年草です。7月に咲いていた花から、名前の由来となっている果実ができました。果実には表面に密生したカギ状の毛があり衣服にくっつきます。果実の形が盗人の足跡に似ているから名がついたようですが、サングラスの形にも似ています。 (園内の所々に見られます)

 

 

 

筒状鐘形で先が5裂した青紫色の花、リンドウ

投稿日:2018年9月15日

リンドウ (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンドウ(リンドウ科)

山野に生える草丈50cm程の多年草で、葉は対生し無柄で茎を抱きます。茎頂に数個の青紫色の5裂した鐘形の花を開きます。リンドウの根を乾燥したものは薬用にされ、漢方ではこれを竜胆(りゅうたん)と呼んでいます。それで名のリンドウにこの漢字を当てています。(「アジサイロード」の道脇に見られます)

 

 

ウメバチソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウメバチソウ(ニシキギ科)

山野の日当たりの良い湿地に生える多年草で、10~40cmの細い花茎を直立し、白色の5弁花を1個つけます。花の中央の雌しべに特徴があります、大きな子房がありその先の柱頭が4裂しています。雄しべが5個、花粉を出さない仮雄しべもあります。花茎につく葉は柄がなく心形で花茎を抱いています。名の由来は、花の形が梅鉢の紋に似ているからのようです。 (「水辺の花コーナー」などに見られます)

 

 

メガルカヤ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メカルガヤ(イネ科)

山地や原野に生る多年草で高さは1~1.5mです。上部の葉腋から柄を出し、小穂が6個ずつ集まった穂を付けます。名前は屋根を()くための刈りとる茅(かや)の名からきているようです。 (「スワンヒルの庭」の南西側に見られます。)

 

 

ウメモドキの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウメモドキの果実(モチノキ科)

山野の湿った所に生える落葉低木で、雌雄異株です。葉が梅に似ているのが名の由来で、小さな淡紅色の花を数個ずつ付けます。雌花は緑色の子房が目立ちます。今、雌株の方に赤い果実をたくさん付けています。尚、果実を楽しむには雄株・雌株の両方を植える必要があります。 (「吉林の庭」などに見られます)