新着情報

ヤグルマソウ

 「ロックガーデン」のヤグルマソウが咲きました。藤棚付近のヤグルマソウは、葉は生い茂っていますが、花茎はまだ見えません。ヤグルマソウに限らず、同じ植物でも場所によって、ずいぶん開花時期に違いがあります。人に例えれば、個人差も大きいと感じます。

 北海道西南部から本州、国外では朝鮮半島に分布します。深山の樹下などの陽の当たらない場所に生える多年草です。大きな5小葉を放射状に広げその中心から1m程の花茎を伸ばして円錐花序に白い小花を密につけます。小花には花弁がなく、多数の萼と雄しべからできています。

 和名「矢車草」は、端午の節句でこいのぼりと一緒に添える「矢車」に似ていることに由来しています。

 

ハクウンボク

 「薬草コーナーの道路斜面」で、ハクウンボクが咲き始めました。

 北海道・本州・四国・九州に分布し、国外では朝鮮半島・中国に分布する山地に生える小高木です。幹は直立し、高さ6~9m位になり、枝の表皮は剥がれやすいのが特徴です。葉は互生し倒卵形~広倒卵形、縁には不規則な微凸歯牙があり、裏面は星状毛が密生して灰白色です。長さ10~20cmの葉柄があり、初夏に枝の先に総状花序の花穂をなし、柄のある白色の花をつけます。花冠は5つに裂け、雄しべが多いのが特徴です。円形の果実は穂のように垂れ下ります。オオバチシャとも言います。

 「白雲木(ハクウンボク)」 白い花が連なって咲くようすを、「白雲」に見立てました。

オゼコウホネ

 「ひょうたん池」のオゼコウホネが、料金所の対岸で咲きだしました。鯉の餌やり場付近で咲きだせば、真上から花を見下ろせますので、写真のような黄色と赤のコントラストを楽しめます。そちらは、もう少しお待ちください。

 オゼコウホネは、日本の固有種で、北海道(空知(そらち)・宗谷)・月山・尾瀬に生息している高山や北地の池沼に生える多年生の水草です。水面の葉は深く切れ込みがあり、長い花茎を水面にだし、黄色の花を1個開きます。黄色の花弁のように見えるのは萼片で、内部に小形の花弁があり、雌しべの柱頭盤が赤いことで、コウホネとの区別ができます。

 和名の「尾瀬河骨(オゼコウホネ)」は、尾瀬にたくさん自生していることと、地下茎が白骨に見えることからきているという説が一般的なようです。

開園日について

アーカイブ