観察日記

枝分かれした茎先につく紅紫色の筒状花だけの花、ヒメヒゴタイ

投稿日:2019年9月18日

ヒメヒゴタイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメヒゴタイ(キク科)

山地の草原に生える2年草で、高さが1.5m程にもなります。葉は広披針形で羽状に深く裂けています。茎は上部で枝分かれし、紅紫色の筒状花の花を付けます。総苞は鐘形でその片に紅紫色の付属体が付いています。名はヒゴタイに比べて小形であるからのようです。 (「マグノリア通り」の東側に見られます)

 

 

ヤクシソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤクシソウ(キク科)

日当たりの良い草地や道端に生え、草丈30~60cmの2年草です。葉は鋸歯のある細長い心形で基部は茎を抱きます。枝先に黄色の舌状花だけの花を多数つけます。名前の“薬師草”の由来は、葉が薬師如来の光背に似ることのようです。しかし他の説もあります。 (「吉林の庭」の池の近くなどに見られます)

 

 

ウメモドキの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウメモドキの果実(モチノキ科)

山野の湿った所に生える落葉低木で、雌雄異株です。葉が梅に似ているのが名の由来で、小さな淡紅色の花を数個ずつ付けます。雌花は緑色の子房が目立ちます。今、雌株の方に赤い果実をたくさん付けています。尚、果実を楽しむには雄株・雌株の両方を植える必要があります。 (「吉林の庭」などに見られます)

 

 

カナハラソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラハナソウの果穂(アサ科)

山地に生える雌雄異株のつる性の多年草です。茎には下向きの刺があり他のものに巻き付いて成長します。雄株の雄花は淡紅色の花が穂状に多数付きます。そして雌株には雌花から変化した松かさ状に苞が重なった果穂が付きます。 (「水辺の花コーナー」の西側に見られます。)

 

 

 

先が5裂した青紫色の花が茎頂だけでなく葉腋にも付く、エゾリンドウ

投稿日:2019年9月16日

エゾリンドウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾリンドウ(リンドウ科)

山地の湿地などに生える多年草で草丈30~80cm、葉は対生します。茎頂だけでなく上部の葉腋の数段に、長さ4cm程の青紫色の筒状鐘形の花を5~20個付けます。花屋で売られているリンドウはこれの園芸品種です。 (「水辺の花コーナー」に見られます)

 

 

サクラタデ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラタデ(タデ科)

水辺や湿地に生える多年草で草丈50~70cm、地下茎を横に伸ばしてふえていきます。穂状花序は細長く、淡紅色の小花をやや密につけます。花弁状のものは萼片で5裂し、花弁はありません。名前の由来は花がサクラに似ているからのようです。 (「クリンソウの谷」の南側などに見られます)

 

 

アキノキリンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキノキリンソウ(キク科)

山野の日当たりの良い草地などに生える草丈30~80cmの多年草です。直立した茎の上部に黄色の小花をたくさん総状につけます。小花は中心に筒状花、周りに舌状花がまばらに並びます。名はキリンソウに似ているからつけられたと言われています。 (「ロックガーデン」などに見られます)

 

 

ツリバナの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリバナの果実(ニシキギ科)

山野の林内に生育する落葉低木で、枝から長い柄のある花序を出すことが名の由来になっています。春に花弁が5枚の淡緑色の小さな花をつけましたが、今は真っ赤な果実が長い柄にぶら下がり5裂して橙赤色の仮種皮に包まれた種子を釣り下げています。 (「ひょうたん池の」南西側などに見られます)

いろいろな名前を持つ赤い花、ヒガンバナ

投稿日:2019年9月15日

ヒガンバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒガンバナ(ヒガンバナ科)

人里の近い所に群生する草丈30~50cmの多年草です。線形の葉は花後に出て越冬し初夏に枯れてしまいます。秋になると花茎を立ち上げ赤い花を散形状に5~7個つけます。1つの花は6個の線形の花弁が大きく反り返り、1個の雌しべと6個の雄しべが花の外に突き出ています。ヒガンバナは秋の彼岸の頃に咲くので名がついたようですが、マンジュシャゲ(曼珠沙華)、シビトバナ(死人花)、ハミズハナミズ(葉見ず花見ず)などの別名も持っています。 (「野草の丘」に見られます)

 

 

オオバショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバショウマ(キンポウゲ科)

山地の林内などに生える日本固有の多年草で草丈70~120cm、葉の形は名の通り浅く裂けた掌状で径が20cm程と大きいです。長い茎の上部にサラシナショウマのような白い小花の穂状花序をつけました。小花の花弁と花弁状の萼片がありますが早く散ってしまい、たくさんの長い雄しべだけが目立ちます。 (「ミズバショウの谷」の東側に見られます)

 

 

タニソバ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タニソバ(タデ科)

田のあぜや湿った所に生える高さ10~40cmの1年草です。茎はよく分岐し横に広がります。葉は互生し、翼のある葉柄で基部は耳状に広がって茎を抱いています。白っぽい小花は茎先や葉腋などに多数集まって付いています。 (所々にあります)

 

 

カンボクの果実2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボクの果実(レンプクソウ科)

初夏に白いガクアジサイのような花を咲かせましたが、今は真っ赤な果実を多数付けています。つぶしてみると強い臭気があり鳥もなかなか食べないようです。そのため果実は葉が落ちた後も春まで残ります。 (「クリンソウの谷」の北西側に見られます)