観察日記

咲き誇るたくさんのニッコウキスゲ

投稿日:2019年6月6日

ニッコウキスゲの群生左ニッコウキスゲの群生右

 

 

 

 

 

 

 

ニッコウキスゲ2◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニッコウキスゲの群生

黄橙色のラッパ状の花を茎の先に3~4個付けたニッコウキスゲが「クリンソウの谷」の東側に群生しています。この花は次々と蕾がつくられ咲き出します。この谷の西側にはピンク色の花のクリンソウも群生し、谷は花でいっぱいです。

 

 

ヤマウルシ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマウルシ(ウルシ科)

山野の林縁などに生える落葉低木で雌雄異株です。、秋の紅葉が美しいこと、樹液に触るとかぶれを起こすことでも知られています。葉は奇数羽状複葉で葉柄は少し赤みを帯びています。枝から花軸の長い円錐花序を出し黄緑色の小さな花をたくさん付けます。 (「ロックガーデン」などに見られます。)

 

 

シラタマノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラタマノキ(ツツジ科)

亜高山に生育する常緑小低木で背丈は非常に低く20cm程です。枝先に花穂を直立してドウダンツツジに似た小さな白い花を数個下向きに付けます。花後に1cm程の白く丸い玉のような果実ができます。それで名前がついたようです。 (「ロックガーデン」の頂上に見られます)

 

 

コウホネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コウホネ(スイレン科)

山地の池や沼に生育する多年草の水草で、水面に浮いている葉は長卵形で深い切れ込みがあります。花の黄色の花弁に見えるものは萼片で、柱頭盤は赤くありません。名前の「河骨」は水中の横に這う白い地下茎が白骨のように見えることからついたようです。 (「ひょうたん池」に見られます)

 

 

サツキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サツキ(ツツジ科)

他のツツジの花期は5月ですが、本種は1ヶ月ほど遅い6月です。6月は旧暦の5月「皐月(さつき)」になり、名がつけられたと言われています。葉もツツジの中では最も小さく光沢のあるものが多いです。栽培品種も多く庭木や公園樹、生垣にたくさん使われています。 (「吉林の庭」や料金所の北側に見られます)

 

 

三寸アヤメ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三寸アヤメ(アヤメ科)

草丈が20cm程の多年草で、葉も花もアヤメと似ています。アヤメと同じように湿地ではなく草地に生育します。青紫色の花はアヤメより少し小さいです。(「クリンソウの谷」の北東側に見られます)

 

 

ハリエンジュ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハリエンジュ(マメ科)

川岸や土手などに生える落葉高木で、樹皮は縦の深い割れ目が目立ちます。新しい枝には托葉が変化した刺があります。葉は奇数羽状複葉で小葉が対生します。香りの良い白色の蝶形花が多数ついた花序を垂らします。重要な蜜源植物の1つです。別名はニセアカシアです。 (「吉林の庭」に見られます)

 

茎先に白い花が円形に集まった、オオハナウド

投稿日:2019年6月5日

オオハナウド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオハナウド(セリ科

山地に生える大形の多年草で、背丈が1~2m。葉は3出複葉で大きく、セロリのようです。枝先に多数の白い花をほぼ円形(複散形花序)に付けます。その花たちは外周部の花の方が大きく、特に花の外側の1花弁が大きくて深く2裂しています。 (「クリンソウの谷」の南側に見られます)

 

 

フランスギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスギク(キク科)

花はマーガレットとよく似ていますし、園芸種と思われがちですが野生の花です。ただし名の通り帰化植物です。葉はへら形で切れ込まず、基部が少し茎を抱く点や中心の筒状花が盛り上がる点がマーガレットと異なるところです。 (「ボルドーの庭」の北側などに見られます)

 

 

ミヤマカラマツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマカラマツ(キンポウゲ科)

山地の湿った林内や岩上などに生える多年草です。茎は高さ20~70㎝で、葉は2~3回3出複葉で柔らかいです。花は散房状花序で小さな白い花を多数つけます。1つの花は花弁がなく、萼片は開花するときに落ち、たくさんの雄しべの花糸が広がっています。名は深山に生えるカラマツソウの意味です。 (「深樹の小径」に見られます)

 

 

ヒレアザミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒレアザミ(キク科)

アザミ類は多種多様で見分け方が容易でありませんが、本種はすぐに見分けがつきます。茎に翼、いわゆるヒレがあるからです。道ばたや河原の土手などに生える多年草で、花は紅紫色で枝先に数個集まってつきます。茎全体にヒレがあり、そのふちに刺が生えているのが特徴です。 (「スワンヒルの庭」の西側に見られます)

 

 

オオバスノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバスノキ(ツツジ科

山地に生える落葉低木で、葉は葉柄が短く、噛むと酸っぱいことが特徴で、それが名前の由来のようです。花は赤~緑白色の鐘形で下向きに数個ずつ開き、花後、果実は黒くなります。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

ナツハゼ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナツハゼ(ツツジ科)

山地の林内や林縁に生える高さ1~3mの落葉低木です。緑白色で紅色を帯びる花が下向きに付く花序を枝先から横に出します。花は鐘形で先が浅く5裂し裂片が少し反り返っています。秋に黒く熟す果実は甘酸っぱくて食べられ、山形では「ヤカンコ」などと呼ばれています。 (「ツツジの丘」や「ロックガーデン」に見られます)

 

 

イブキジャコウソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イブキジャコウソウ(シソ科)

海岸から高山まで広い範囲に生える小低木ですが、背丈が非常に低く草のようです。茎が地面を這って分枝します。花は淡紅色で小さな唇形花を多数つけます。名の由来は伊吹山に多く、芳香を出す(葉に芳香成分を出す腺点が多数ある)からのようです。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

ブタナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブタナ(キク科)

ヨーロッパ原産の多年草で、す。葉は根生葉で、花茎が50cm以上になります。上部で1~3に枝分かれしてタンポポのような黄色い花を付けます。名前の由来はフランスの俗名「ブタのサラダ」を訳したものだそうです。 (所々に見られます)

林の中にピンク色のヒメサユリが一面に咲いています

投稿日:2019年6月4日

ヒメサユリの群生ヒメサユリ2◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメサユリの群生

主に新潟県、山形県、福島県に分布し、山地の草地に生える多年草です。日本特産のユリで、山形県では戸沢村と朝日町の花ともなっています。花はピンク色の花被片の中に黄色い葯の雄しべが目立ちます。園内では「ひょうたん池」の西側の林の下の草地に群生しています。

 

 

アヤメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アヤメ(アヤメ科

アヤメの仲間は湿地を好むものが多いので、本種も湿地の花というイメージが大きいです。しかし、アヤメはやや乾燥した草地に生育します。花茎に1~3個の花を付け、3個の紫色の外花被片には黄色と紫色の網目模様があり、3個の紫色の内花被片は直立しています。(「七草の庭」の西側に見られます)

 

 

ムラサキツユクサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキツユクサ(ツユクサ科

北米原産で明治初期に渡来したようです。葉は線形で長く、基部で茎を抱き、茎先に数個の花が付きます。花は3個の紅紫色の花弁で黄色の葯の雄しべが目立ちます。朝開いて夕方でしぼむ1日花です。 (「薬草コーナー」に見られます)

 

 

ニワゼキショウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニワゼキショウ(アヤメ科

道端の日当たりの良い場所に生え、線形に近い葉をたくさん根生します。花は小さな淡紫色の6弁花で紫色の細線が入っている1日花です。名前は庭に生えるセキショウということ、細い葉がセキショウの葉に似ているからのようです。(「吉林の庭」などに見られます)

 

 

コケモモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コケモモ(ツツジ科)

背丈が10cm程の常緑小低木で山地の岩場などに生育します。革質で小さな楕円形の葉は、全縁で密についています。花は白色や淡紅色の鐘状花を枝先に数個付けます。花後、1cm程の丸く赤い果実を付けます。食べると甘酸っぱい味がします。 (「ロックガーデン」の頂上に見られます)

 

 

キハダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キハダ(ミカン科)

山地の沢沿いの林内などに生育する落葉高木で、高さが20mにもなります。樹皮が灰黒色で縦長の溝があります。葉は対生で、奇数羽状複葉です。花は枝先に円錐花序を出し、小さな黄緑色の花を多数つけます。雄花と雌花があり、写真の雄花は雄しべが5個で目立ちます。名前の由来はこの樹皮をはがすと内皮が黄色をしているからです。(「クリンソウの谷」や大平沼の北側に見られます)

 

 

アオハダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アオハダ(モチノキ科)

高さが12m程にもなる落葉高木で樹皮は灰白色ですが、樹皮は、はがれやすく緑色の内皮がすぐ見えるので、“青肌”の名がつけられたようです。短枝の先に密生する緑白色の小花は径4mmと小さく、花弁と萼片は共に4~5個です。多数の雄花と数個の雌花が混じり合っています。 (「七草の庭」の西側などに見られます)

 

 

マユミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マユミ(ニシキギ科)

山地に生える落葉低木で、雌雄異株です。1年目の枝は緑色で、その枝に淡緑色の4個の花弁と黒い葯の4個の雄しべの小さな花を数個つけます。この木はよくしなうので、昔、この木で弓を作ったそうです、それから名前がついたようです。 (「クリンソウの谷」などに見られます)