観察日記

本園のシンボル「ミズバショウ」が開花

投稿日:2019年4月9日

ミズバショウ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズバショウ(サトイモ科

山形市野草園のシンボルになっている花です。看板やパンフレットにも載っています。花弁に見える白いものは仏炎苞と呼ばれるもので葉の変形したものです。中の細長い黄緑色のものが花序(小花の集まり)で、一つ一つの小花に雌しべと4個の雄しべがあります。4月下旬には谷一面にミズバショウが咲き誇ります。 (「ミズバショウの谷」に見られます)

 

 

ショウジョウバカマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショウジョウバカマ(シュロソウ科

地面に広がった根生葉の真ん中から花茎を立ち上げ、淡い紫色の花が咲き出しました。早春に咲く常緑多年草の一つで、花はたくさんの小花の集まりです。小花は花弁が6個で長さが1cm程です。開花した後、花茎が伸びてきます。花茎につく数個の花を能楽の妖怪「猩々(しょうじょう)」の赤毛に、葉をその袴(はかま)に見立てて名前がつけられたそうです。 (「ミズバショウの谷」の東側に見られます)

 

 

イワウチワ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワウチワ(イワウメ科

常緑の多年草で、団扇(うちわ)のような形の葉から名前がついたようです。1茎に1花をつけ横向きに花が開きます。花径は2.5~3cmで、薄桃色の花弁の先がフリルのように細かく裂けている美しい花です。オオイワウチワより葉も花もひとまわり小さいです。(「ミズバショウの谷」の南東側に見られます)

 

 

ヤマナラシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマナラシ(ヤナギ科)

雌雄異株の落葉高木で大きいものは25m程にもなります。樹皮は灰色で菱形の皮目が目立ちます。花序は円柱形で垂れ下がり、写真のように雄花序は雄しべの葯が紅紫色なので赤っぽく見えます。葉柄がやや長く微風でも葉が揺れて音を立てるので、「山鳴らし」の名が付けられたようです。 (「クリンソウの谷」の南東側などに見られます)

 

ザゼンソウでいっぱいの「ミズバショウの谷」

投稿日:2019年4月6日

ザゼンソウの群生左2◎ザゼンソウの群生右2◎

 

 

 

 

 

 

ザゼンソウ3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザゼンソウの群生とザゼンソウ(サトイモ科)

湿地の「ミズバショウの谷」一面にたくさんの暗紫茶色のザゼンソウが咲き誇っています。まるでザゼンソウが地面に座っているかのような感じがします。これからミズバショウの花も咲いてきます。水の流れる所にはミズバショウが、そうでない所にはザゼンソウが多く咲きます。

 

 

キクザキイチゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キクザキイチゲ(キンポウゲ科

雪解けした枯れ葉の多い林下に咲いています。周りの樹木や草花が葉を茂らせる前に咲き出します。花はアズマイチゲと似ていますが、葉は切れ込みが多く花も菊に似ているのでこの名が付いたようです。花色は淡紫青色や白色などがあります。日が当たると花が開き、曇りの日は閉じてしまいがちです。 (「ミズバショウの谷」の東側に見られます)

 

 

コシノカンアオイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コシノカンアオイ(ウマノスズクサ科)

木の下にこっそりと咲いていました。これが花かという地味さですが、先が3裂した茶色の萼筒の中に雄しべと雌しべがあります。最初の発見地が新潟県(越後の国)であることから「越野」、葉が寒冷な冬にも枯れず緑色であることから「寒葵」と名づけられたようです。(藤棚の北側の林の中に見られます)

 

 

ナニワズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナニワズ(ジンチョウゲ科

北海道~本州の主に日本海側の山地に生える落葉小低木です。雌雄異株で黄色い小さな花を枝先に集めてつけます。花弁はなく黄色のがく筒が4裂しています。別名エゾオニシバリで名の通り枝は鬼を縛れるくらいの強さを持っているそうです。(「クリンソウの谷」の藤棚の南側に見られます)

 

雪解けした枯れ葉の土から白い小花「アズマイチゲ」が開花

投稿日:2019年4月4日

アズマイチゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アズマイチゲ(キンポウゲ科)

花は春の日差しを受け、早春の間にだけ咲いて、夏には葉や茎も枯れてしまう短い命です。花径3~4cmで花弁はなく、8~13個の花弁状の白い萼片からなり、基部が少し紫色を帯びて雄しべと雌しべは多数です。天気が悪くなると花はすぐ閉じてしまいます。東日本に多く分布しイチリンソウ(イチゲ)の仲間なのでこの名がついています。 (「ミズバショウの谷」の東側に見られます)

 

 

ミスミソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスミソウ(キンポウゲ科)

野草園ではオオミスミソウが咲いた後で、一回り小さい花茎2~3.5cmのミスミソウが咲き始めました。写真は赤紫色の花ですが、白色やピンク色の花も咲きます。ミスミソウという名は、三角の形をした葉からついたようです。 (「ひょうたん池」の東側などに見られます)

 

 

リュウキンカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リュウキンカ(キンポウゲ科)

湿地に生え、葉は丸い形をしています。径2~3cmの花の黄色に見えるのは花弁状の萼片で、花弁はありません。鮮やかな黄色が金色のように見え、立った茎に花をつけるので「立金花」と名付けられたようです。野草園にあるリュウキンカは秋(9月下旬頃)にも花を咲かせます。 (「クリンソウの谷」を流れる小川に見られます)

 

 

ハシバミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハシバミ(カバノキ科

山地の日当たりの良い所に生える落葉低木です。葉が開く前に開花します。たれ下がっているのが雄花序(雄花の集まり)で、小さく赤いものが雌花序(雌花の集まり)です。雌花序は芽鱗に包まれたまま開花し赤い先だけが伸びています。風によって花粉が運ばれ受粉します。 (いろいろな所に生育、「クリンソウの谷」の北東側に大きいものが見られます)

 

 

アセビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アセビ(ツツジ科

高さが1~3mの常緑低木で白くて小さな壺形の花を下向きにたくさんつけた姿は清楚です。しかし、有毒な植物です。牛や馬が葉を食べると麻痺するので「馬酔木(あせび)」と呼ばれるようになったようです。早春に白い壺形の花がたくさん付くので綺麗なため公園などにも植えられています。 (「吉林の庭」で見られます)