カレンダー

2018年8月
« 7月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

蜜を出してたくさんの蝶を引き寄せるハナトラノオ

投稿日:2018年8月5日

ハナトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナトラノオ(シソ科)

北米原産で大正時代に渡来した草丈60~120cmの多年草で、茎は角張りピンク色の花の総状花序が直立します。1つの花は唇形で下から上へ順に咲いていきます。総状花序が虎の尾のようにやや長く、花が美しいのでこの名がついたようです。別名カクトラノオ。 (「スワンヒルの庭」の西側に見られます)

 

 

アキノキリンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキノキリンソウ(キク科)

山野の日当たりの良い草地などに生える草丈30~80cmの多年草です。直立した茎の上部に黄色の小花をたくさん総状につけます。小花は中心に筒状花、周りに舌状花がまばらに並びます。名はキリンソウに似ているからつけられたと言われています。 (「ロックガーデン」などに見られます)

 

 

ヤマウド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマウド(ウコギ科)

山野に生える多年草で高さ1~1.5mになり、葉は2回羽状複葉です。若芽は春の山菜として好まれます。茎の上部で分岐し、球状の散形花序を多数つけます。その花序の小花は淡緑色5弁花で径3mm程です。 (「アジサイロード」などに見られます)

 

 

ヤナギタンポポ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤナギタンポポ(キク科)

山地のやや湿り気のある所に生える多年草で、高さが0.3~1.2mです。葉は根生葉と茎葉があり、互生します。黄色い花は舌状花だけからなります。花がタンポポと似ていて、葉がヤナギの葉と似ているからこの名前があります。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

シラタマノキの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラタマノキの果実(ツツジ科)

亜高山帯の山地の草地などに生える高さ30cmほどの常緑小低木です。春に、径5mm程度のドウタンツツジのような釣鐘形の小花をつけました。今は写真のような径1cm程の白い球果になっています。 (「ロックガーデン」の頂上に見られます)

 

ハーブ園に咲くシソ科の花たち

投稿日:2018年8月4日

チェリーセージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェリーセージ(シソ科)

メキシコ原産で、開花期間(4月~11月)が非常に長く、ピンクがかった赤色の花を次々に咲かせます。花は唇形で長さ2~3cm、花からサクランボのような香りがします。(「ハーブ園」に見られます)

 

 

ベトニー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトニー(シソ科)

ヨーロッパ原産の草丈40~70cmの多年草です。長く伸ばした茎先に花穂をだし、たくさんの赤紫色の小花を密につけます。葉をもむと、さわやかな香りがします。(「ハーブ園」に見られます)

 

 

ロシアンセージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシアンセージ(シソ科)

南西アジア原産で草丈1m以上にもなる多年草です。株元から細くて丈夫な茎を茂らせ、青紫色の花をたくさんつけます。葉茎にはやわらかい白毛が生え、こすると芳香があります。 (「ハーブ園」に見られます)

 

 

セイヨウニンジンボク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セイヨウニンジンボク(シソ科)

ヨーロッパ南部が原産の落葉低木です。開花期間は非常に長く、枝先に薄い青紫色の小花をたくさんつけます。花は芳香があり、葉にも香りがあります。名前は、葉がチョウセンニンジンに似ることに由来します。 (「ハーブ園」に見られます)

 

 

マーシュマロー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マーシュマロー(アオイ科)

ヨーロッパ等が原産の多年草で、夏に白や桃色の5弁花を咲かせます。昔から薬用の植物として植えられてきました。お菓子のマシュマロは、この植物が語源で、昔、本種の根の粉末を原料にしてつくったことに由来するらしいです。現在のマシュマロは、卵白やゼラチンや砂糖でつくられています。 (「ハーブ園」に見られます)

女郎花(オミナエシ)に対して男郎花(オトコエシ)が開花

投稿日:2018年8月2日

オトコエシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オトコエシ(スイカズラ科)

山野に生える草丈60~100cmの多年草で、茎は白い毛が多く太いです。茎の上部に、黄色の小花のオミナエシに対して白色の小花を散房状に多数つけます。名の由来は、白い小花は白米に例えて「男飯」、それが訛ってオトコエシ、それに男郎花の漢字を当てたようです。 (「吉林の庭」などに見られます)

 

 

オニユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニユリ(ユリ科)

山野に自生する草丈1m程の多年草です。橙色の6個の花被片には、たくさんの黒紫色の斑点があり、強く反り返っています。6個の雄しべと1個の雌しべが長いです。葉の葉腋に黒いムカゴが付きます。オニユリはふつう種子ができません。しかしムカゴで繁殖することができます。(「マグノリア通り」などに見られます)

 

 

ゴマナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴマナ(キク科)

山野の日当たりの良い所に生える多年草です。草丈が1~1.5mで茎や葉に細毛があり、触るとざらつきます。茎の上部で散房状に分かれ、白い小菊のような花を多数つけます。花の白い花弁は舌状花で中心の黄色いところは筒状花です。名前は葉が「胡麻」の葉に似ているところからきているようです。 (「クリンソウの谷」」などに見られます)

 

 

トンボソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トンボソウ(ラン科)

林下の湿った場所に生える多年草です。草丈が15~35cmで、葉は茎の下部につき、茎の先にたくさんの淡緑色の花を穂状につけます。花は萼片と側花弁と唇弁からなり唇弁が3裂しています。名前の由来は、花の様子がトンボの姿に似ているからのようです。 (「ミズバショウの谷」に見られます)