開園日について

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

今年のカラハナソウは成長が悪くこじんまりとしています

投稿日:2021年9月30日

カラハナソウ(アサ科) 「自然学習センター」から「薬草コーナー」に向かう途中の大きな岩の下に隠れて生えています。

 

 セイヨウカラハナソウすなわちホップの1変種。 

 

 日本では北海道、本州の中部以北に、アジアでは中国北部に分布しています。山地に生えるつる性の多年草。雌雄異株。茎は長いつるとなり、他の草本に巻き付いて茂り、葉柄とともに鉤刺があります。葉は対生で葉面はざらつきます。雌雄異株。秋に細かい花をつけます。雄花は多数円錐花序につき、淡黄色。雌花は淡緑色で球状に集まります。

 

 和名「唐花草(カラハナソウ)」は、雌株のつく松毬(まつかさ)状の雌花を果穂と間違い、唐(から)の花(唐から渡来した)花として、唐花草の名がつきました。また、別説としては、他の物にからんで生長する、からむ草から、唐(から)を当て字にして、唐花草の名になったという説があります。

 

 

 カラハナソウ (1)カラハナソウ (6)

サクラタデ 水辺に優し気に咲いています

投稿日:2021年9月29日

サクラタデ(タデ科)が咲いています。桜の花の形に似ていて、小さいながらも美しい花です。でも、サクラの花のように花弁ではなく、五つに裂けた萼(がく)です。静かに流れる小川近くや湿ったところで見ることができます。

 

【「吉林の庭」に流れ込む小川の所で見ることができます】

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラタデ(タデ科)

水辺に生える多年草で、根茎を地中に長く伸ばしてふえる性質があります。茎の枝分かれは少なく、円柱形で節がやや太いのが特徴です。葉には柄があり互生、披針形で両端はせばまっています。枝の上に長い穂状樣の花穂を出し、美しい淡紅色の花を開きます。萼は深く5裂し、花弁はありません。名前は、花が美しくサクラのようであることが由来です。

ミヤギノハギ 上品な紫紅色の花が魅力

投稿日:

ミヤギノハギ(マメ科)が咲いています。紫紅色の上品な花と優しげに枝垂れる姿が魅力です。宮城県の県花に指定されていて、宮城県に多く自生することから宮城野萩という名前が付けられました。

 

【「七草の庭」東側道路脇で見ることができます】

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERADSC_0488

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0482DSC_0486

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤギノハギ(マメ科)

大人の背丈ほどになる落葉低木で、草本のような性質も備えているので半低木ともされます。 花は、葉腋に多くつけ、長さ1.5cm程になる紫紅色の蝶型花です。枝がとても柔らかく、地面に着くほど枝垂れているのが特徴です。 葉はマメ科に普通の三出複葉、小葉は円形に近い楕円形で長さ3cm前後です。日本各地に分布しています。