開園日について

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

サクラソウの仲間 三姉妹 開花が始まりました

投稿日:2021年4月30日

「クリンソウの谷」とその周辺でカッコソウに続き、サクラソウも本日開花しました。クリンソウは蕾を持ち始めたところです。

 

カッコソウ・・・「勝紅草」 サクラソウの仲間で、紅色が特に勝っているのでこの名があります。

サクラソウ・・・「桜草」 サクラソウの花びらが桜の花びらのように咲く事からこの名がつけられました。

クリンソウ・・・「九輪草」 花の咲く様子を寺院の塔の請花(うけばな)と水煙の間にある九輪にたとえて

        名づけられました。

 

 写真 左から カッコソウ サクラソウ クリンソウ

 

 

クリンソウ (2)2 サクラソウ (8) カッコソウ (4)

 

 

雨の中 踊るヒメオドリコソウ

投稿日:2021年4月29日

誰に目を向けられることもなくヒメオドリコソウ(シソ科)が雨に濡れて咲いています。平地でもいたるところで見ることができますが、小さな花なのでじっくり観察したことがない方も多いでしょう。お天気の良い日、目線を下げて、虫眼鏡をもって見てみるのも面白いと思います。意外と新しい発見があるかもしれません。

 

「う~ん、花の様子が踊り子みたいだね。」

「姫(ヒメ)が付く植物はたくさんあるよね。ヒメサユリとか、ヒメシャガとか。」

「《ヒメ》が付くのは、小さいとか可愛らしいということですね。」

「そうなんだ。じゃあ、ただのオドリコソウもあるの?」

「5月中旬頃から野草園で見ることができますよ。」

【園内いたるところで見ることができます】

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

雨の野草園

投稿日:

今日は一日雨の予報。私たちのお出かけには憂鬱なお天気。でも、植物にとっては待ちに待った恵みの春雨のようです。ここ最近、霰(あられ)が降ったり、氷点下の気温に下がったり、霜が降りたりと、若芽や花芽を出した植物には災難続き。「早くいつもの春になってよ。」と言ってる間に、まもなく4月も終わりです。

 

左上写真・・・雨の「ひょうたん池」 サクラの花が散っていきます

右上写真・・・「マグノリア通り」のヤマウグイスカグラ 少々寒そう

左中写真・・・スミレの仲間の雨宿り

右中写真・・・オオヤマザクラは終わりです

左下写真・・・ミヤマカスミザクラの花芽の様子

右下写真・・・オオバギボウシのあられや霜でやられた葉とその後伸びた葉

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA