開園日について

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

野草園の爽やかな風 深緑の中にクリンソウ満開

投稿日:2020年5月29日

DSC_0992 クリンソウ002 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリンソウ(サクラソウ科)

クリンソウが満開を迎えています。茎を囲むように円形に花が付き下から段々に上に咲いていきますが、随分と段が重なってきました。新緑から深緑に変わってきた野草園の中を、爽やかな風を感じながら散策を楽しむかたが沢山いらっしゃいます。是非足をお運び下さい。来月初めまでが見頃です。(クリンソウの谷」で見ることができます)

 

 

 

 

DSC_1013 DSC_0469

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメサユリ(ユリ科):咲き始め

別名オトメユリ(乙女百合)とも言います。ピンクの花を咲かせ、やや小形のユリなので“姫”がつき、他のユリより早咲きなので“早”がついて、ヒメサユリと言います。すっかり緑色濃くなった山の中で、ピンクの美しい花に出会うと、その美しさにはっとしてしまいます。山形、福島、新潟の県境周辺の限られた地域にしか自生しない珍しいユリです。(「ひょうたん池」西側で見ることができます)

 

 

 

 

ニッコウキスゲ ニッコウキスゲ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニッコウキスゲ(ススキノキ科):咲き始め

夏の高原と言えば、ニッコウキスゲのイメージをもつ方が多いかもしれません。花は、朝開いて夕方にはしぼんでしまう1日花、儚い命です。でも、茎の先端の蕾が次々開くので、ずっと咲いているように思えてしまいます。朝、涼しい風に揺れるニッコウキスゲを見るのは気持ちのいいものです。(「学習センター」西側で見ることができます)

 

 

 

DSC_0037 P6085202

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オゼコウホネ(スイレン科)

水の中から顔を出した黄色い棒付きキャンディー、そんなイメージのオゼコウホネです。花のまん中にある雌しべが赤く、とても綺麗です。尾瀬、月山の湿原、そして、北海道の一部にしか自生しない、隔離分布の貴重な種です。氷期の生き残り(遺存種)と言われています。(「ひょうたん池」で見ることができます)

 

 

 

P5270445 P5270447

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニバナイチヤクソウ(ツツジ科)
イチヤクソウは一薬草と書きますが、一つの薬効があるという意味ではなく、一つの草で多くの薬効があるという意味だそうです。深山の林内に生え、、地下茎を伸ばして増えていく常緑の植物です。 (「ロックガーデン」で見ることができます)

 

 

 

P5270449 P5270450

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イソツツジ(ツツジ科)

50㎝ほどの高さの、ツツジ科の低木です。山形県では、蔵王と吾妻連峰で見ることができるようです。海辺に育つ訳でもないのに“イソツツジ”とはどういうことなのでしょう。不思議な名前です。調べてみましょう。(「ロックガーデン」で見ることができます)

 

6月前半の主役《カキツバタ》開花

投稿日:2020年5月26日

カキツバタ DSC_0029

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カキツバタ(アヤメ科)
上品な青の花弁に白い線、カキツバタの特徴です。どれも美しくて優劣つけがたいことを、「いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)」というようですが、初夏の水辺で風に揺れるカキツバタは美しくて気品があります。少し遅れてノハナショウブが咲き始めますが、カキツバタとそっくりです。野草園で、違いを見比べてみるのも楽しみ方のひとつです。アヤメ科の達人になってみましょう。(「水辺の花コーナー」で見られます)

 

 

 

DSC_0724ホウノキ P5284795

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホオノキ(モクレン科)
「んっ?何の香りですか?」側を通るだけで、甘くやわらかい香りを感じます。ホオノキの花が咲き始めました。普通は高い木の上に咲くのでなかなかじっくりと見ることはできないのですが、学習センターの側では近くで見ることが出来ます。 大きな葉は、朴葉味噌などに使われます。(「クリンソウの谷」などで見られます)

 

 

 

P5184569 P5184562

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズキ(ミズキ科)
早春に幹や枝を切ると、樹液がたくさん滴り落ちることから、“水の木”の意味でミズキという名前がつけられたようです。 枝が水平に広がり白い花をたくさん付けるので、まるで枝の上に雪が積もっているかのように見えます。山形では、小正月に飾る「だんご木」として使われることで知られています。(「ひょうたん池」の北西側のミズキ林で見られます)

 

 

 

P5164379 P5164399

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラサドウダン(ツツジ科)
名前を漢字で書くと、“更紗満天星”。赤い筋の入った様子を“サラサ”模様にたとえています。横から花を見るのもいいですが、下から眺めてみるのも綺麗です。まさに、満天の星。なんと素敵な名前でしょうか。白いドウダンツツジと花の形は似ていますが、花の先がすぼむ壺形にならず、先が広がり釣鐘形になります。見比べてみましょう。(「中央広場」の西側や「ツツジの丘」で見られます)

 

 

 

DSC_1001 DSC_0007タニウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タニウツギ(スイカズラ科)
この時期、山に出かけるとピンクの花がたくさん咲いているのに出会い、その美しさに見とれてしまいます。タニウツギです。田植えの時期に花が咲くので「田植花」とも呼ばれます。他にも沢山の方言での呼び名があるようです。谷間に多く見られるウツギ(空木)なので、この名前が付いています。 「クリンソウの谷」の南側などで見られます

 

 

 

P5214822 P5220298

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナイカダ(ハナイカダ科)
葉の上に花が咲くなんて驚きです。葉が花を乗せた筏(イカダ)のようです。葉脈と花軸が一緒になっているのだそうです。雌の木と雄の木が別々です。(雌雄異株)左の写真が雌木の葉に付いた雌花。右側の写真が、雄木の葉に付いた雄花です。雌花は通常1個、雄花は数個まとまって付きます。しばらくすると、雌木の葉の雌花があったところに実が出来ます。(学習センター西側の登り道で雄の木を、炭焼き小屋への登り道で雌の木を見られます)

ようやく見つけましたササバギンラン

投稿日:2020年5月23日

ササバギンラン (2) ササバギンラン (7)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ササバギンラン(ラン科)
細長い葉が笹の葉に似ていることが名前の由来です。別種ギンランとそっくりですが、葉が細長くよりスマートです。また、茎の上の方の葉(実は葉のような形をした苞)が花よりも上まで伸びるので区別がつきます。まるで蕾のように見える花は、これでも精一杯咲いている状態のようです。植物の花では、白い花をギン(銀)、黄色い花をキン(金)にたとえることがよくあります。(「野草の丘」の奥で見られます)

 

 

 

アマドコロ (6) アマドコロ (11)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマドコロ(キジカクシ科)
曲がった地下茎とひげ根が、ヤマノイモ科の《トコロ(オニドコロ)》にそっくりだといいます。また、食べると甘みがあることからアマドコロという名前がつきました。うりふたつのナルコユリと区別するには茎を触ってみましょう。ごつごつと角張っているのがアマドコロ、つるっとして円いのがナルコユリです。 (「マグノリア通り」などで見られます)

 

 

 

ホウチャクソウ (3) ホウチャクソウ (27)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホウチャクソウ(イヌサフラン科)
白と薄い緑の花で、垂れ下がる様子が《宝鐸:ほうちゃく(寺院のお堂や五重塔などの軒先の四隅につり下げられる風鈴のような飾り)》と似ていることが名前の由来です。アマドコロと似ていますが、アマドコロの花弁はくっついていて筒状なのに対して、ホウチャクソウは花弁が6枚で1枚1枚離れていてバラバラです。花を触ってみましょう。(「花の草原」で見られます)

 

 

 

チゴユリ (1) チゴユリ (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チゴユリ(イヌサフラン科)
小さいユリの花のようなので、《稚児百合》と名前がついたようです。背丈が低いうえに下向きに咲くので、写真を撮るのに苦労します。種子で増えるほかに、四方に根を伸ばし、それぞれを切り離して増えていくという方法もとるようです。まさに、《分身の術》です。 (「ひょうたん池」の西側などで見られます)

 

 

 

サワフタギ (22) サワフタギ (21)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サワフタギ(ハイノキ科)
枝を横に広げていく特徴があり、谷間の沢を覆うように(蓋をするように)葉を茂らせていきます。それで、サワフタギという名前がつきました。そういえば、年寄りが蓋をすることを、山形弁で《ふたぐ》といっていたのを小さい頃に聞いたことがあります。「早ぐ穴ふたいでこい!」なんてね。たくさんの白い花をつけ、満開になるととても綺麗です。(「ひょうたん池」の西側で見られます)

 

 

 

ボリジ (20) ボリジ (16)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボリジ(ムラサキ科) 別名ルリジサ
星形の花の形から、スターフラワーと呼ばれることもあります。また、ボリジの青色は聖母マリアの青い衣を描く時に使われたということから、「マドンナ・ブルー」とも呼ばれているようです。スープやサラダの付け合せなどに使われ、食用に利用されています。ボリジ、ホタルカズラ、チョウジソウ、綺麗な青がそろいました。 (「ハーブ園」で見られます。)