カレンダー

2018年9月
« 8月 10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

昔から観賞用に栽培されてきたシオン

投稿日:2018年9月27日

シオン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シオン(キク科)

山地のやや湿った所に生える草丈1.5m程の多年草です。葉は細長い楕円形で互生、両面に短い毛が生えてざらつきます。茎の上部に散房状に枝を分け、花を多数固まって付けます。花は淡紫色の舌状花が並び中央は黄色の筒状花です。花の色が「紫苑色」という色名が名の由来になっています。 (「吉林の庭」に見られます)

 

 

オオウバユリの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオウバユリの果実(ユリ科)

夏に黄緑白色の花を横向きに十数個つけていましたが、今は7~8cm程の果実を上向きに付けています。その中にたくさんの翼の付いた丸く平たい種子が重なって入っています。風が吹くとその種子が飛んでいく仕組みのようです。 (「ミズバショウの谷」に見られます)

 

 

シラネアオイ果実*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラネアオイの果実(キンポウゲ科)

山地に生える多年草で、5月に淡紫色の花を開花しました。今は内側で合着した緑色の果実を付けています。中には平たい種子が何枚も重なって入っています。 (「ひょうたん池」の西側に見られます)

 

 

イチイの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチイの果実(イチイ科)

裸子植物で寒さに強く北日本に多いです。雌雄異株で葉は枝に2列に並びます。今、赤い果実を付けています。甘くて食べられますが、種子は有毒なので要注意です。 (「ハーブ園」に見られます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

園内の湿地一面に咲き誇るオオミゾソバやミゾソバの花

投稿日:2018年9月26日

オオミゾソバの群生オオミゾソバの群生2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオミゾソバやミゾソバの群生(タデ科)

「クリンソウの谷」や「水辺の花コーナー」などの湿地にはオオミゾソバやミゾソバの花が一面に咲いています。葉の形が牛の顔に似ていると言われ、別名ウシノヒタイと呼ばれます。小花の花弁のような萼片は白く先がピンク色で、それが茎先に10数個集まってついています。その集まった花は菓子の金平糖のような感じです。

 

 

コンギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンギク(キク科)

ノコンギクから特に紫色の濃いものが選別されたもので、古くから観賞用に栽培された多年草です。葉はノコンギクより淡緑色、先は鋭く質は薄い傾向があります。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

ナナカマドの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナナカマドの果実(バラ科)

山地の林縁などに生える落葉小高木で、5月頃に白い小花が咲きました。葉は羽状複葉で秋になると赤色に染まります。今は赤い果実がたくさんぶら下がっています。この果実は冬に葉が落ちても残ります。美味しくありませんが、冬に餌がなくなると小鳥たちが食べるようです。 (「ナナカマドの森」に見られます)

 

 

イワショウブの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワショウブの果実(チシマゼキショウ科)

亜高山帯の湿地に生える多年草で草丈20~40cm、8月頃に花茎の先に白色の小花を総状に付けました。花茎に腺毛が密生して粘りけがあります。花後はだんだんと赤みを増し、楕円形の濃い赤色の果実(蒴果)を付けます。 (「ロックガーデン」に見られます)

花の形が「大」という文字に似ているのでミヤマダイモンジソウ

投稿日:2018年9月23日

ミヤマダイモンジソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマダイモンジソウ(ユキノシタ科)

山地の湿った岩上などに生える多年草でダイモンジソウの高山型です。ダイモンジソウは花柄や茎に短い毛がありますが本種は無毛です。花茎の高さは10~30cmで、葉は根生し腎円形です。まばらな円錐状の花序に白色の細い5弁花を数個つけます。上3弁が短く下2弁が長いので「大」の字に見えるのです。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

アメリカセンダングサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカセンダングサ(キク科)

北米原産の1年草で大正時代に確認された帰化植物です。茎は暗紫色でやや角ばっており、草丈1~1.5mです。枝先に黄色い筒状花の集まりの花を付けます。緑色で小葉のように見えるのは総苞片です。果実(そう果)がくっつきます。 (園内の所々に見られます)

 

 

コマユミの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コマユミの果実(ニシキギ科)

山地の林内に生え、高さ1~3mになる落葉低木です。本種は枝に翼がなく、翼があるものはニシキギです。今、赤色に熟した果実が2つに裂開して、中から橙色の仮種皮に包まれた種子を1又は2個出しています。 (「クリンソウの谷」などに見られます)

 

 

アキグミの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキグミの果実(グミ科)

葉は銀色の鱗状毛が密生し裏面は白っぽい色です。5~6月に淡黄色の花を咲かせていましたが、今は葉腋(葉の根元)に丸形(球形)の赤い果実をたくさん付けています。やや渋い味がします。 (「ロックガーデン」の南東側に見られます)