カレンダー

2018年9月
« 8月 10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

宮城県のシンボルの花、ミヤギノハギ

投稿日:2018年9月19日

ミヤギノハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤギノハギ(マメ科)

高さ1~1.5mの落葉小低木で、枝は柔らかく垂れています。葉は3出複葉で葉の腋から葉より長い総状花序を出し、小さな紅紫色の蝶形の花をたくさん付けます。日本海側に自生するケハギの変種と言われ、名は萩の産地の仙台市の「宮城野」にあやかって名づけられたようです。  (「七草の庭」に見られます)

 

 

ユキザサの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユキザサの果実(キジカクシ科)

山地の林の中など陰地に自生する多年草で、葉は広い卵形で先が尖り、葉脈が明瞭で笹の葉に似ています。5月に、花茎の先に円錐花序を出し6弁の白い小花を多数つけました。今は球形の液果が赤く熟して目立ちます。 (「薬草コーナー」の南側の斜面に見られます)

 

 

ズミの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ズミの果実(バラ科)

リンゴの台木として利用されることで知られている木で、花はリンゴとそっくりです。今、径6~10mmの赤茶色の果実がたくさん付いています。名前の由来は、酸っぱい実だから“酸実”スミという説もありますが、樹皮が黄色い染料として使われたため“染み”という説もあります。仲間にはエゾリンゴがあります。 (「マグノリア通り」に見られます)

 

 

キンミズヒキの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンミズヒキの果実(バラ科)

園内の林縁や道端などに、黄色い小花をたくさん付けた細長い花序が見られました。今は花後で、花の萼筒にはカギ状の棘がたくさんあり果実を包んでいます。それが動物や人の衣類にくっつき果実を運んでもらいます。 (園内の所々に見られます)