カレンダー

2018年8月
« 7月 9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

ハーブ園に咲くシソ科の花たち

投稿日:2018年8月4日

チェリーセージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェリーセージ(シソ科)

メキシコ原産で、開花期間(4月~11月)が非常に長く、ピンクがかった赤色の花を次々に咲かせます。花は唇形で長さ2~3cm、花からサクランボのような香りがします。(「ハーブ園」に見られます)

 

 

ベトニー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトニー(シソ科)

ヨーロッパ原産の草丈40~70cmの多年草です。長く伸ばした茎先に花穂をだし、たくさんの赤紫色の小花を密につけます。葉をもむと、さわやかな香りがします。(「ハーブ園」に見られます)

 

 

ロシアンセージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシアンセージ(シソ科)

南西アジア原産で草丈1m以上にもなる多年草です。株元から細くて丈夫な茎を茂らせ、青紫色の花をたくさんつけます。葉茎にはやわらかい白毛が生え、こすると芳香があります。 (「ハーブ園」に見られます)

 

 

セイヨウニンジンボク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セイヨウニンジンボク(シソ科)

ヨーロッパ南部が原産の落葉低木です。開花期間は非常に長く、枝先に薄い青紫色の小花をたくさんつけます。花は芳香があり、葉にも香りがあります。名前は、葉がチョウセンニンジンに似ることに由来します。 (「ハーブ園」に見られます)

 

 

マーシュマロー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マーシュマロー(アオイ科)

ヨーロッパ等が原産の多年草で、夏に白や桃色の5弁花を咲かせます。昔から薬用の植物として植えられてきました。お菓子のマシュマロは、この植物が語源で、昔、本種の根の粉末を原料にしてつくったことに由来するらしいです。現在のマシュマロは、卵白やゼラチンや砂糖でつくられています。 (「ハーブ園」に見られます)