カレンダー

2018年7月
« 6月 8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

小花の集まりが虎の尻尾の名になったオカトラノオ

投稿日:2018年7月1日

オカトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オカトラノオ(サクラソウ科)

山地や丘陵などの日当たりの良い草地に生える多年草で、茎は直立し分岐しません。茎の先に一方に傾いた総状花序をつくり多数の白い花を密につけます。名前はその花序を虎の尻尾に見立て、丘などの草地に生えるのでついたようです。 (「クリンソウの谷」などに見られます。)

 

 

チダケサシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チダケサシ(ユキノシタ科)

山地のやや湿った所に生える草丈40~80cmの多年草で、葉は2~3回羽状複葉です。花は細長い円錐花序で淡紅色~白色の小花を多数つけます。小花の雄しべの葯が紅紫色なので、花全体がピンク色に見えます。名前は、本種の茎にキノコの乳茸(ちだけ)を刺して持ち運んだからついたようです。 (「クリンソウの谷」の南側などに見られます。)

 

 

メタカラコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メタカラコウ(キク科

山地の湿地に生える多年草で、草丈が50~90cm、茎は直立して枝分かれしません。葉はフキに似て長い柄があり大きな三角状心形です。茎の先に黄色い花を総状につけます。花は歯が抜けたような1~3枚の舌状花と中心に筒状花が集まってつくられています。 (「クリンソウの谷」の西側に見られます。)

 

 

セイヨウオトギリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セイヨウオトギリ(オトギリソウ科)

ヨーロッパ原産で広く野生化し、草丈20~60cmの多年草です。葉は対生し楕円形でオトギリソウより小さいです。茎の上部に径3cm程の黄色い5弁花を数個ずつ付けます。花弁の縁に小さな黒点があるのが特徴です。 (「ロックガーデン」などに見られます。)

 

 

ブルーバーベイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーバーベイン(クマツヅラ科)

草丈1m程で、上部で枝分かれした茎先に総状花序をつけます。青紫色の小花を細長いリンク状に下から順に咲かせていきます。薬用、浴用、茶用と用途が広いハーブです。 (「ハーブ園」に見られます。)

 

 

ガウラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガウラ(アカバナ科)

北米原産の日当たりの良い場所に生育する草丈40~150cmの多年草で、花期が長く次々と花を咲かせます。径3cm程の花は花弁が4個で長い8個の雄しべが目立ちます。まるで白い蝶が飛んでいるような形の花なので別名「白蝶草(ハクチョウソウ)」と言います。 (「ハーブ園」に見られます。)