カレンダー

2018年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

ハーブ園は花たちでにぎやかです

投稿日:2018年6月21日

園内の「ハーブ園」には数種類のハーブの花が咲いています。ハーブとは薬草や香味料とする草の総称です。

 

クロモウズイカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロモウズイカ(ゴマノハグサ科)

ヨーロッパ~アジアに分布する2年草で、草丈が60~120cmです。高く立ち上がった茎に長い総状花序をつけ、黄色い花を多数咲かせます。花糸(雄しべの柄)には紫褐色の毛がついていて黒っぽく見えます。 (「ハーブ園」に見られます。)

 

 

ビロードモウズイカ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビロードモウズイカ(ゴマノハグサ科)

ヨーロッパや北アフリカ原産の2年草で、ロゼット状の基部から太い茎を真っ直ぐ立ち上げ、高さは1m程にもなります。茎にも葉にも白い毛を密生させていることが、ビロードの名の由来になっています。径2cm程の先が5裂した黄色い花を、茎の中程から茎頂にかけて所々に咲かせます。 (「ハーブ園」に見られます。)

 

 

ラムズイアー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラムズイヤー(シソ科)

西アジア原産の草丈30~80cmの多年草です。全体が灰白色の綿毛で覆われ、触るとやわらかい感じがします。葉の形が子羊の耳のようで、感触がふわふわするため、名前が英語の「ラム(子羊)のイヤー(耳)」となったようです。紅紫色の花は小さいのですが次々に咲きます。 (「ハーブ園」に見られます。)

 

 

ラベンダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラベンダー(シソ科)

地中海沿岸地が原産の半木本性の植物です。葉は線形で、枝先に穂状の花をつけます。1つの花は紫色で唇形をしています。数あるハーブの中でも人気が高いのが本種で全体から良い香りを出します。 (「ハーブ園」に見られます。)

 

 

ダイヤーズカモミール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤーズカモミール(キク科)

ヨーロッパ原産の草丈50~80cmの多年草で、黄色い花はたくさんの舌状花と筒状花からなり、中程は盛り上がっています。名のダイヤーズとは染色用という意味で、この花から明るい黄色の染料を作れるそうです。 (「ハーブ園」に見られます。)

 

 

ニゲラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニゲラ(キンポウゲ科)

南ヨーロッパ原産の1年草で、細かく切れ込んだ総苞に包まれて、青や白色の花がふんわりと開きます。花弁のように見えるのは萼片です。花後にできる種子は黒いので、別名クロタネソウとも呼ばれます。 (「ハーブ園」に見られます。)