カレンダー

2018年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

たくさんの小花がふっくらと咲いているように見えるスモークツリー

投稿日:2018年6月20日

スモークツリー 樹木スモークツリーの毛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スモークツリーの木

「スワンヒルの庭」の中央には、まるでたくさんの淡紅紫色の小花がふっくらと咲いているように見える木があります。これは、花が終わり受粉しなかった花の花柄が長く伸びて、淡紅紫色の羽毛のようになったスモークツリーです。名前の由来のように煙がただよっている感じもします。

 

 

オニシモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニシモツケ(バラ科)

山地の谷沿いなどに群生する高さ1.5m程の多年草です。葉は奇数羽状複葉ですが頂小葉だけが特に大きく掌状に5裂し、葉柄に付く托葉も大きいです。茎の先に多数の白い小花を密につけます。花弁は4~5個で花弁より長い雄しべが多数あり目立ちます。 (「クリンソウの谷」などに見られます。)

 

 

ママコナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ママコナ(ハマウツボ科)

山地の林の下などに生える草丈30~50cmの1年草です。茎の先に花穂を出し、赤紫色の唇形花を付けます。その唇弁に2つの白い隆起があり、それを白い米粒に見立てて「飯子菜」の名がついたようです。 (「野草の丘」の頂上などに見られます。)

 

 

ヤマホタルブクロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマホタルブクロ(キキョウ科)

ホタルブクロと同じ仲間で、生育場所や大きさなどもほとんど同じようです。違いは本種の萼片の部分が反り返らずに膨らんでいる点です。この花が咲くと野草園でもそろそろホタルが現れます。 (いろいろな所に見られます。)

 

 

アワモリショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アワモリショウマ(ユキノシタ科

九州~近畿地方の山地などに自生しますが、観賞用に庭園にも植えられる多年生草本です。茎の上部に円錐花序をつくり、淡紅色の小花を多数つけます。小花が泡を盛ったように多数つく姿に名前の由来があるようです。 (「七草の庭」に見られます。)

 

 

クロズル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロヅル(ニシキギ科)

蔓(つる)の長さが数メートルにもなる落葉つる性の樹木です。つるは赤褐色で左巻きです。葉は卵形で浅い鋸歯があります。花は円錐花序を出し白い小花を多数つけます。小花は白い5弁花で、雌しべの緑色の花盤のまわりに5個の雄しべがついています。 (「ロックガーデン」に見られます。)