カレンダー

2018年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

梅雨の時期、湿地の美しい赤紫色の花、ノハナショウブ

投稿日:2018年6月17日

ノハナショウブ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノハナショウブ(アヤメ科)

山野の湿原等に生える草丈40~100cmの多年草で、線形の葉に中(ろく)(中央にある太い葉脈)があります。花は赤紫色の花弁に黄色の斑紋があります。花の形が似ているカキツバタは白色の斑紋ですので区別がつきます。 (「水辺の花コーナー」に見られます。)

 

 

シロバナヤエウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナヤエウツギ(アジサイ科)

山野に見られる高さ1~2mの落葉低木です。枝先に円錐花序をつけ、花は長楕円形の白い花弁で八重咲き、下向きに開花します。木の枝が中空であることから「空木(うつぎ)」と名づけられたようです。 (「ロックガーデン」の登り口近くに見られます。)

 

 

シモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シモツケ(バラ科)

山地の日当たりの良い所に生える落葉低木で、背丈が1m程になります。枝先にピンク色の小花を散房状につけます。小花は5弁花で多数の長い雄しべが目立ちます。名は下野の国(現在の栃木県)でたくさん育てられ、その苗木が全国に広がって栽培されたことに由来します。 (「ナナカマドの森」の東の道路脇に見られます。)

 

 

ウメモドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウメモドキ(モチノキ科)

湿った場所に生育する落葉低木で雌雄異株です。柄の短い花序に淡紅色の小さな花を数個ずつ咲かせます。葉の形や枝振りが梅と似ているのが名前の由来です。果実を楽しむには雌雄異株なので両方を植える必要があります。雌株の方に赤い果実が付きます。 (「ウランウデの庭」などに見られます。)

 

 

ペントステモン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペントステモン(オオバコ科

北米原産の多年草で草丈が60~80cmになります。花は淡紫白色、長い筒状で先が5裂します。名前のペントは5、ステモンは雄しべの意味(ギリシャ語)で、花の雄しべが5個あるように見えるから名がついたようです。 (「ハーブ園」の東側に見られます。)

 

 

コバンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コバンソウ(イネ科)

ヨーロッパ原産の30~70cmの1年草で、明治時代に入ってきて群生化しています。数個の小さな花穂が細い糸状の柄の先に垂れ下がっています。初めは淡緑色で後に黄褐色になります。その小さな花穂が小判に似ているので名がついたようです。(「マグノリア通り」で見られます。)