カレンダー

2018年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

「ひょうたん池」の南側一面にオゼコウホネ

投稿日:2018年6月16日

オゼコウホネ群生3オゼコウホネ群生2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オゼコウホネの群生

園内の入口の近くにある「ひょうたん池」にはオゼコウホネ、コウホネ、スイレンなどの水草が群生しています。オゼコウホネは、山形県内で月山に自生しています。水面に大きな葉を浮かべ黄色の花を出しています。

 

 

キンコウカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンコウカ(キンコウカ科)

山地の湿地等に生える多年草で、しばしば群生します。花茎は20~40cmで総状に黄色い花弁の花を付けます。名前は黄色の花を金に、鮮やかさを光に例えて“金光花”と名づけられたようです。 (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

トビシマカンゾウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トビシマカンゾウ(ススキノキ科

飛島、男鹿半島、佐渡島の海の近くに生える草丈が1~2mの多年草です。一足先に開花したニッコウキスゲを一回り大きくした感じです。花は1日花で、黄橙色の6弁花を茎先に10個程次々に咲かせます。酒田市のシンボルの花がトビシマカンゾウです。 (「クリンソウの谷」に見られます。)

 

 

ウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウツギ(アジサイ科)

山地に生育する高さ1.5m程の落葉低木で、長卵形の葉が対生し触るとざらつく感じがします。枝先に白い花の円錐花序を付けます。花は1cm程の白い5弁花で黄色い雄しべの葯が目立ちます。 (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

ウツボグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウツボグサ(シソ科)

山野の草地に見られる草丈10~30cmの多年草です。茎の断面は四角形で、茎先の壺形の花穂に紫色の唇形花を密に付けます。「うつぼ」とは、昔武士が矢を入れて背負った武具のこと、本種の花穂がそれに似ているので名がついたようです。 (「ロックガーデン」の登り口などに見られます。)

 

 

クマツヅラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クマツヅラ(クマツヅラ科)

山野や道端に生える多年草で草丈50~80cm、茎の断面は四角形で直立します。枝先に穂状花序をつけて、径4mm程の紅紫色の小花が下から咲き上がっていきます。小花は筒状で先が5裂しています。 (「七草の庭」の南側の道端に見られます。)

 

 

サギスゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サギスゲ(カヤツリグサ科)

高原や湿地に生える多年草で、茎は細く高さ20~50cmです。茎の下部に線形の葉を少しつけ、茎の先には2~5個の柄のついた小穂をつけます。花の頃の小穂は長さ5~10mmの長楕円形です。花が終わると写真のように、絹糸状の花被片が長さ2cm程に伸び、白い綿毛を束ねたようになります。(「水辺の花コーナー」に見られます。)