カレンダー

2018年5月
« 4月 6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

アジサイのような丸い花、テマリカンボク

投稿日:2018年5月25日

テマリカンボク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テマリカンボク(レンプクソウ科

カンボクの一種で枝先に大きな花の塊(花序)をつけ、すべてが白い装飾花の集まりです。丸い花序の大きさは6~10cmになりこれが“てまり”と呼ばれる理由です。 (「クリンソウの谷」の北西側に見られます。)

 

 

ウラジロヨウラク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウラジロヨウラク(ツツジ科)

中部地方以北の山地に生える高さ1~2mの落葉低木です。葉は裏が白色を帯び、枝の先に輪生状に付いています。枝の先に数本の花柄を伸ばし、壺形の淡紅色の花が垂れ下がります。花は仏像の身に着けている首飾りのような装身具「ようらく」に似ていることから名がつけられたようです。 (「ひょうたん池」の西側などに見られます。)

 

 

ベニバナイチヤクソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニバナイチヤクソウ(ツツジ科)

 深山の林内に生え、地下茎を伸ばして繁殖します。葉は常緑でつやがあり根生します。葉の間から15~25cmの花茎を伸ばし、総状花序で、8~15個の小さな花がつきます。花茎は赤みを帯び、花は桃色から濃桃色です。花弁5個で下向きに咲き、花柱が長く花外に出ています。 (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

シロバナタニウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナタニウツギ(スイカズラ科)

北陸地方などに多く自生する落葉低木です。よく目にするのはピンク色のタニウツギですが、本種は白色の花です。花の形は同じです。 (「クリンソウの谷」の中央部に見られます。)

 

 

ケナシヤブデマリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケナシヤブデマリ(レンプクソウ科)

山地の湿った場所に多い落葉低木で、太平洋側のヤブデマリに対して日本海側に多く分布します。葉に毛がありません。花はガクアジサイ似た白い花で、中央に両性花、周りに装飾花が付きます。装飾花は不揃いに裂け、その内の一つが非常に小さいのが特徴です。 (「クリンソウの谷」の南側に見られます。)

 

 

オオアマナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオアマナ(キジカクシ科)

明治時代に鑑賞用に輸入され野生化したもので、草丈20cm程の多年草です。葉は30cm程で線形、枝分かれした茎の先から数本の花序を出し、径3cm程の白い6弁花を付けます。白い花被片の裏側は緑色で白色の縁取りがあるのが特徴です。 (「吉林の庭」に見られます。)

 

 

セイヨウオダマキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セイヨウオダマキ(キンポウゲ科)

葉はオダマキ特有の粉を噴いたような緑色です。多くのオダマキの花は下向きに開きますが、本種の花は八重咲きで上向きに咲きます。 (「ボルダーの庭」の道端に見られます。)