カレンダー

2018年5月
« 4月 6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

たくさんの白い花を平らに咲かせるミズキの木

投稿日:2018年5月20日

ミズキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズキ(ミズキ科)

平地や山地の谷沿いなどに多い落葉高木です。若枝は冬に赤みを帯び、山形では「だんご木」として使われます。早春に枝を切ると樹液が多くしたたり落ちることから名がつけられたようです。葉は側脈が湾曲しながら平行に走り、枝先に白い花の散房花序をつけます。花は花弁が4個、雄しべが4個です。 (「ひょうたん池」の北西側のミズキ林に見られます。)

 

 

ベニドウダン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニドウダン(ツツジ科)

葉はベニサラサドウダンと同じように枝の先の方に集まってつきます。花は紅色で筋はなく、花弁の先が少し閉じ気味です。そして数個の花が小枝の先からブドウの房のようにつきます。 (「中央広場」の西側に見られます。)

 

 

ホタルカズラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホタルカズラ(ムラサキ科)

乾いた草地や林縁に生える草丈5~15cmの多年草です。青紫色の花弁と中央の白い星形の隆起から、ホタルの光を連想して名がつきました。またカズラとはつる状植物のこと、本種は花後に根元からつるが出てきて地面を這って伸び新しい株を作ります。 (「中央広場」の西側に見られます。)

 

 

ウラジロノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウラジロノキ(バラ科)

落葉高木で葉は鋸歯があり側脈が明瞭です。葉には綿毛があり、特に裏面は密で白っぽいです。春の新芽の段階では、枝・葉柄・葉に白い毛を密生しますが、やがて葉の裏面をのぞいて毛は脱落します。花は枝先に複散房花序を形成したくさんの白い花を付けます、径1~1.5cm花は白色の花弁で基部に白い毛があり、花柱は2個です。(「ナナカマドの森」に見られます。)

 

 

フジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フジ(マメ科)

落葉性のつる性木本です。花序は下に向けて長く伸び上の方から次々と咲くので花序の姿が逆三角形になります。花はマメ科特有の蝶形で淡紫白色です。フジのつるは下から左巻きです。(「クリンソウの谷」の藤棚に生育)

 

 

ヤマフジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマフジ(マメ科)

落葉性のつる性木本です。花序は下に向けて伸びますが、花序はフジより短く花がほぼ一斉に咲くので楕円形のような形になります。花はマメ科特有の白い蝶形です。ヤマフジのつるはフジと反対に下から右巻きです。 (「クリンソウの谷」の藤棚に見られます。)

 

 

ニシキギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニシキギ(ニシキギ科)

山野の林に生える落葉低木で、根際からよく枝分かれして伸び、若い枝には板状の翼があることが特徴です。花は黄緑色で花弁が4個の小花です。名前は秋の紅葉が美しく見事なので錦に例えたものです。そのために、庭木や生垣にたくさん使われています。 (「吉林の庭」などに見られます。)