カレンダー

2018年5月
« 4月 6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

白いブラシのような花の集まりウワミズザクラ

投稿日:2018年5月6日

ウワミズザクラ満開ウワミズザクラ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウワミズザクラ(バラ科)

葉が開いた後に花が穂になって咲く(ブラシのようになって咲く)様子は、サクラとは思えない感じです。しかし花穂(総状花序)の個々の白い小花はサクラのように5弁花で、雄しべが長く花弁より突き出ています。良い香りもします。 (「クリンソウの谷」の北西側などに見られます。)

 

 

ウラシマソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウラシマソウ(サトイモ科)

紫褐色のものは仏炎苞と呼ばれる葉の変形したもの、その中に花の集まり(肉穂花序)があります。その先端から付属体が釣り糸状に長く伸びているのが特徴です。それを浦島太郎の釣り糸と見立てて名がつけられたようです。若いうちは雄株で成熟すると雌株に性転換するそうです。 (「ひょうたん池」の西側に見られます。)

 

 

ニワトコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニワトコ(レンプクソウ科)

落葉低木で下部からよく分枝し、枝は放物線を描くように伸びます。葉が開いた後、クリーム色の小さな花をたくさん咲かせます。そして初夏にはもう赤い小さな果実をたくさんつけています。 (「ひょうたん池」の西側に見られます。)

 

 

アイズシモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイズシモツケ(バラ科)

山地の日当たりの良い場所に生える落葉低木です。小花は径1cm程の白色の丸い花弁5個でつくられ、花弁より長い雄しべが目立ちます。小枝の先に小花が数個ずつ集まって付きます。名の由来は会津地方で発見されたことによるようです。 (「ロックガーデン」の北側の入口付近に見られます。)

 

 

タチカメバソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タチカメバソウ(ムラサキ科)

山地の湿った場所に生育し、草丈20~40cmの多年草です。茎先に白い小花の総状花序を付けます。白い小花は花弁が5裂し中央部が黄色いです。葉の模様が亀の甲羅のように見えるから名がついたと言われます。(「深樹の小径」に見られます。)

 

 

オオヤマフスマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオヤマフスマ(ナデシコ科)

山地の草原や道端などに生える草丈5~15cmの小さな多年草で、葉は対生し長楕円形です。花は白色の5弁花で径1cm程です。かたまって咲いていることが多いです。 (「中央広場」の西側の花壇に見られます。)