カレンダー

2018年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

ミヤマカスミザクラが満開です

投稿日:2018年5月2日

ミヤマカスミザクラの満開2ミヤマカスミザクラの満開1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満開のミヤマカスミザクラ

晴天が続いたために、「ひょうたん池」の西側では、世界に1本だけと言われるミヤマカスミザクラが満開です。花は白色です。側にカスミザクラが咲いていますので見比べて下さい。「クリンソウの谷」に生育するミヤマザクラはまだ開花しません。5月中旬頃になります。

 

 

カッコソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カッコソウ(サクラソウ科)

林の下などに生育する多年草で、葉は広円形でしわが多く、茎や葉や萼片には白い毛が密生しています。茎の先に径2~3cm程の花を数個輪生状に1~3段付けます。花は濃い紅紫色の深く5裂したハート形花弁で、中央は黄色です。その濃い色から「勝紅草」の漢字名がつけられたようです。 (「花の草原」の南西側に見られます。)

 

 

サクラソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラソウ(サクラソウ科)

山地の湿り気の多い所に生える多年草です。花が美しいのでよく栽培され園芸品種も多いです。葉は楕円形でしわが多く縁は浅く切れ込んでいます。名前はサクラに似ているから付いたようです。しかし、5枚に見えるハート形の紅紫色の花弁は下の方がくっ付き筒状になっています。サクラソウは合弁花です。(「クリンソウの谷」の北側に見られます。)

 

 

フタバアオイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フタバアオイ(ウマノスズクサ科

薄い淡紅色の1cmに満たない花は葉の下に隠れ目立ちません。しかし、艶のある葉は徳川家の「三つ葉葵」の紋章に使われ知られています。葉には白い短毛があります。茎は地を這って伸び、ハート形の葉を2枚付けます。 (「ひょうたん池」の西側に見られます。)

 

 

サワオグルマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サワオグルマ(キク科

日当たりの良い湿原などに生える高さ50~80cmの多年草です。根生葉はへら状の披針形、茎葉は無柄でその基部は茎を抱いています。茎の先に黄色い菊のような花を散房状に多数付けます。名前の由来は花がオグルマに似ているからです。(「水辺の花」に見られます。)

 

 

ヒメアオキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメアオキ(ミズキ科)

日本海側の多雪地帯に多い常緑低木です。同じ仲間のアオキは太平洋側に多く自生します。ヒメアオキはアオキよりひとまわり小さく高さは1m程で、幹は直立せず積雪にまかせるよう横に這い、葉がつく部分で斜めに立ち上がります。雌雄異株で、雄花(写真)も雌花も紫褐色の4個の花弁をつけた小さな花です。(「ミズバショウの谷」などに見られます。)

 

 

ワサビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワサビ(アブラナ科)

山地渓谷の清流に生える多年草です。根茎は香辛料として使われ栽培されています。長い柄の根性葉で、濃い緑色の葉は円形ないし心臓形で、波状の鋸歯があります。茎先に小さい白色の4弁花をたくさんつけます。(「クリンソウの谷」の北西側に見られます。)