カレンダー

2018年4月
« 3月 5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

淡紅紫色のカタクリが一面に咲き誇っています

投稿日:2018年4月22日

カタクリ群生3カタクリ3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カタクリの群生

「ひょうたん池」の西側には、花被片の反り返った淡紅紫色のカタクリの花が一面に咲いています。昔、雪国ではどこの山にも生えていた植物だそうです。そのためにカタクリの鱗茎(地下の茎)からデンプンを採ったそうです。片栗粉という名はそこからきています。しかし、今は見られなくなってきました。

 

 

オオバクロモジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバクロモジ(クスノキ科)

山地に生える落葉低木で雌雄異株、若枝は濃い緑色ですべすべし黒い斑紋が多く、それが文字のように見えるので名前がつけられたようです。葉が出るのと同時に、黄緑色の小花が葉の腋から十数個集まって咲きます。葉や茎に芳香があり、高級な爪楊枝に使われたりします。 (「スワンヒルの庭」などいろいろなところに見られます。)

 

 

エドヒガン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドヒガン(バラ科)
関東地方に多く、春のお彼岸頃に咲き始めるのでこの名がついたようです。葉より花の方が早く開花し、淡紅色の5弁の花を枝から2~5個散形状に咲かせます。花の基部にある萼筒が丸くふくらんでいるのが特徴です。長寿の桜でも知られており、天然記念物の桜の大木には本種が多いようです。 (「野草の丘」の東側に見られます。)

 

 

ソメイヨシノ*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソメイヨシノ(バラ科)

江戸時代に、エドヒガンとオオシマザクラを交配してつくられた桜で、全国に植樹され春の桜として親しまれています。花が先に咲き、若葉は後に開きます、また樹形は枝が横に伸びて広がりますので、花がいっぱい見え見応えがあります。 (「野草の丘」の東側に見られます。)

 

 

 

 
オオバキスミレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバキスミレ(スミレ科)

日本海側の多雪地に多く、根茎を伸ばして増え大きな群落をつくります。草丈が人の足首程の多年草で、葉は心形で先が長く尖ります。花は径2cm程で黄色の5弁花、下の唇弁にスジの模様があります。 (「ミズバショウの谷」の東側に見られます。)

 

 

トガクシショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トガクシショウマ(メギ科)

日本特産の1属1種で、深山の林内に生える多年草です。長野県にある戸隠山で発見されたのでこの名がありますが、別名トガクシソウとも言います。花は径2cm程、淡紫紅色で6個の花弁に見えるのは萼片で、花弁は小さく白色で中にあります。花はやや下向きに開きます。 (「ひょうたん池」の西側に見られます。)