カレンダー

2017年11月
« 10月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

来る春に備えて、準備万端の花たち

投稿日:2017年11月16日

~野草園に初雪が降りました。花たちは、もうせっかちに春の準備を整えています。

 

オオカメノキの冬芽オオカメノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオカメノキ(レンプクソウ科)の冬芽
“万歳”しているようにも“ウサギさん”のようにも見える冬芽。中央の丸い方が花芽、両端のとがって見えるのが葉芽です。春に、白いガクアジサイのような花(右写真)をつけますが、花序の径が10cm以上もあるほど大きいので、花芽も丸々と大きいようです。負けずに、葉も亀の甲羅のように大きくて丸くて立派な葉です。                (「友好姉妹都市の庭」などに見られます。)

 

 

メグスリノキ冬芽メグスリノキ紅葉up

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メグスリノキ(ムクロジ科)の冬芽
国内に自生する、高さ10m程になるカエデの仲間の樹木。秋には3枚の小葉からなる濃いサーモンピンクの美しい紅葉を見せていました(右写真)。冬芽四角錐のような形をしていて、表面には白い毛が生えています。頂芽と頂生側芽の3個1セットです。春に芽吹く若葉にも、白い柔らかい毛が密生します。               (「マグノリア通り」などに見られます。)
 

 

ヤマボウシ冬芽ヤマボウシ (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマボウシ(ミズキ科)の冬芽
ハナミズキとそっくりな花(右写真)を咲かせる本種。今は細身のタマネギのような花芽と、ツンと尖がった葉芽を見せています。丸味のある花芽は、混芽(花と葉の芽が同居)になっているようです。                                   (「中央広場」などに見られます。)

 

 

ユキツバキ花芽4.28 ユキツバキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユキツバキ(ツバキ科)
春に咲く径8cmほどの5弁花(右写真)を準備している花芽は、気が早くてもう咲き出しそうです。雪に覆われ、地表に押し付けられる冬は今からなのに、少し早すぎる気がしますが……。 (「マグノリア通り」などに見られます。)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深い紅色が秋の深まりを感じさせる……「ハウチワカエデ」

投稿日:2017年11月5日

1ハウチワカエデ 全景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハウチワカエデ(ムクロジ科)の紅葉
樹高は5~15mになり、葉縁には重鋸歯があります。葉身は掌状に裂けていますが、全体を見ると、別名「メイゲツカエデ」と言われるほど丸い形をしています。葉柄は葉身の4分の1から2分の1の長さで、葉柄が長いものは「コハウチワカエデ」とされます。モミジの仲間の中でも深い赤色に紅葉して見事です。                                         (「友好姉妹都市の庭」などに見られます。)

 

 

1108 エノキ黄葉up

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エノキ(ニレ科)の黄葉
葉は左右非対称の広卵形で、葉縁の上半分に鋸歯があり、下半分は全縁になっています。葉がよく茂り、木陰を広く作るので一里塚などによく使われました。鮮やかな黄葉を見せてくれる葉は、国蝶「オオムラサキ」の食草としても知られています。     (「大平沼」西側などに見られます。)

                                 

 

シロモジ黄葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロモジ(クスノキ科)の黄葉
この時期は見事に黄葉していて、光に透かした様子はそれは見事です。葉の形が独特で、普通は深く3片に切れ込み、切れ込みの根元は小さな穴が開いたようです。オオバクロモジと同じような冬芽を持ち、同じような花をつけますが、折れた枝にオオバクロモジのようなさわやかな芳香は余り無いようです。                                              (「ハーブ園」近く等に見られます。)

 

 

アセビ②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アセビ(ツツジ科)
高さ3m程の常緑低木で、長さ7~8㎜の白い壺形の小さな花を下向きにたくさんつけます。牛馬が食うと麻痺するというので「馬酔木(あせび)」となったようです。葉は光沢のある緑色で、花も美しいのですが、毒があり、葉の煎汁は駆虫剤にもなるそうです。春に咲く花ですが、本園では毎年この時期にも少し咲きます。                                (「吉林の庭」で見られます。)