カレンダー

2017年8月
« 7月 9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

花の形が雅楽の兜に似る……「ウゼントリカブト」

投稿日:2017年8月19日

ウゼントリカブト

ウゼントリカブト(キンポウゲ科)

林縁では斜上し、草丈は50~180cm、枝の先に長さ4㎝程の濃紫色の花を数個つけます。花弁のように見えるのは萼片で、その中に細長い花弁が2枚あり、多数の雄しべもあります。毒草として知られ、特に根の部分には強毒が含まれます。蔵王山の山形側で発見されたのでこの名です。    (「ひょうたん池」西側などで見られます。)

 

 

ノカンゾウ

ノカンゾウ(ススキノキ科)

日当たりの良い草地に見かける、草丈60cm程の多年草。葉は細長い剣状で、直立した茎の上部に橙赤色の花を数個咲かせます。長さ7㎝程の花被片6枚あり、花色には変異が多いようです。花や若葉は食用にされます。  (「花の草原」西側に見られます。)

 

 

キツネノカミソリ

キツネノカミソリ(ヒガンバナ科)

ヒガンバナと同様に、開花時に葉はありません高さ30~45㎝の直立した茎の頂に、径5㎝程のラッパ型の6弁花を咲かせます。花の色がキツネ色で、葉がカミソリに似るので、この名になったようです。    (「花の草原」西側)などに見られます。

 

 

ボタンヅル

ボタンヅル(キンポウゲ科)

ツル性の半低木で、日当たりの良い山野に生育します。葉腋から花序を出し、白色の花を多数咲かせます。花弁状の萼片が4枚あり、花糸は萼片と同じくらいの長さです。似たセンニンソウは葉が羽状複葉で、雄しべが短い点が異なります。        (「クリンソウの谷」西側などに見られます。)