カレンダー

2017年7月
« 6月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

白い花も、花後の紅い花序柄も美しい……「クマノミズキ」

投稿日:2017年7月9日

クマノミズキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クマノミズキ(ミズキ科)

黄白色の径8~14mmの小花で散房花序を付けるので、山中では目立ちます。樹高は8~12mは卵形で対生するのが“ミズキ”との違いです。花期も一か月以上、本種の方が遅れます。黄白色の小花は4弁花で、長い雄しべが美しいのですが、花後の花序柄も赤くてサンゴの様できれいです。    (「ナナカマドの森」等で見られます。)

 

 

 

ヤマブキショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマブキショウマ(バラ科)

山地に生える雌雄異株の多年草。葉は2回3出複葉で、9枚の小葉があって先は鋭くとがります。高さ30~80cm茎の頂に黄白色の小花を密集して開きます。花径は2.5mm程と極小さく、5弁花で長い雄しべを持っています。名は、平行感のある葉脈が“ヤマブキ”に似るからです。     (「ロックガーデン」などに見られます)

 

 

 

アオヤギソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アオヤギソウ(シュロソウ科)
山地の林床など、湿った草地に生育する高さ50~70cmの多年草。褐色のシュロ毛をかぶった茎の先に円錐花序を出し、径1㎝程の黄緑色の小花を付けます。和名の由来は「花の色が青(緑)、葉の形が柳」から来ているようです。   (「大平沼」東側などに見られます。)

 

 

 

クサフジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クサフジ(マメ科)
草やぶ等に見られるツル性の多年草。葉は羽状複葉で、上部の葉腋に総状花序を出し、青紫色の蝶形の小花を多数付けます。花の長さは10~12mm、花序はフジと異なり上向きに咲きます。   (「友好姉妹都市の庭」近辺に見られます。)