カレンダー

2017年7月
« 6月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

葉がヤナギに似て、花はランのように美しい…「ヤナギラン」

投稿日:2017年7月7日

ヤナギラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤナギラン(アカバナ科)

山地の日当たりの良い所に生える、高さ50~150cmの多年草。茎は枝分かれせず直立し、披針形の葉を付け、茎の先に紅紫色の花を円錐花序に付けます。花は径3cm程の4弁花で、下から上へ咲き上がります。和名は、葉がヤナギに似て、花がランのように美しい事によります。   (「クリンソウの谷」の西側、「ウランウデの庭」周辺に見られます。)

 

 

 

メタカラコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メタカラコウ(キク科)

大きなフキに似た葉を持ち、分枝しない直立した茎を1m程に立ち上げます。茎の上部に、黄色い頭花を総状に付けますが、径4~6㎝の頭花は舌状花が1~3枚と極端に少なく、中心部には筒状花が集まっています。近似種のオタカラコウは舌状花が8枚ほど付きます。    (「クリンソウの谷」西側に見られます。)

 

 

 

ママコナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ママコナ(ハマウツボ科)

山地の林下などに生える高さ30~50㎝の1年草。分枝した枝先に、3~10cmの花序を出し、茎の片側だけに紅紫色の花を多数付けます。花冠は2㎝弱、下唇は横に広がって3裂し、内部に2個の白い斑紋が見えるのが特徴です。これが米粒に見えるので名が付いたという説があります。     (「野草の丘」に多く見られます。)

 

 

 

ガウラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガウラ(アカバナ科)
径3~4㎝の花は、まるで白い蝶が飛んでいるようで別名「白蝶草(はくちょうそう)」。花弁は4枚で、長い8本の雄しべが目立ちます。草丈は40~150cm、花期が長く次々と花を咲かせます。北米原産の多年草で、日当たりの良い場所を好みます。       (「ハーブ園」に見られます。)

 

 

 

ブルーバーペイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーバーベイン(クマツヅラ科)

道ばたなどでよく見られるバーベイン(クマツヅラ)の近縁種で、観賞用、入浴剤、茶、薬用に栽培されます。高さは1m前後で、茎先に3~4㎝の花穂を付け、細長いリング状に花を付け咲き上がります。淡青紫色の小花は径3~4mmで、先が5裂します。      (「ハーブ園」で見られます。)