カレンダー

2017年5月
« 4月 6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

花笠踊りの踊り子さん?…「オドリコソウ」

投稿日:2017年5月27日

オドリコソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オドリコソウ(シソ科)

山野や半日陰に見られる本種は草丈30~50㎝と、近似種のヒメオドリコソウよりはかなり大型です。対生の葉の上部の葉腋に輪生する花は、長さ3~4cmの唇弁花です。上唇はカブト状になり、下唇は3裂して中央の裂片は前に大きく突き出します。よく見ると、笠をかぶった踊り子の姿にしか見えない、不思議で面白い花です。       (「七草の庭」周辺に見られます。)

 

 

 

ヒメカイウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメカイウ(サトイモ科)

山地の水湿地などに生える、草丈10~25cmの多年草。仏炎苞は白くて幅の広い卵型で、中には短い肉穂花序を持ち、まるで小型のミズバショウです。ミズバショウよりも一か月以上花期が遅いようです。      (「クリンソウの谷」に見られます。)

 

 

 

センダイハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センダイハギ(マメ科)

北海道~九州に分布する、草丈40~80cmの多年草。茎先に総状花序を出し、大きさ2~3cmの鮮黄色の蝶形花を付けます。葉は三出複葉で、葉の裏には白い毛があります。荒地の緑化などにも利用されます。     (「友好姉妹都市の庭」に見られます。)

 

 

 

アカモノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカモノ(ツツジ科)

山地の日当たりの良い場所などに生える、高さ10~30㎝の小低木。花の大きさは6~8mmで、真ん丸な釣鐘型です。縁が小さく5つに裂け、軽くカールしています。萼が赤いのですが、和名の由来になっているのは赤く熟す果実。この果実は甘みがあるので“赤桃”と呼ばれ、訛って「アカモノ」になったということです。     (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

イワヒゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワヒゲ(ツツジ科)

寒地の山地帯に生育する、高さ10cm程の匍匐性の常緑小低木です。茎はヒモ状鱗片状の葉が密着し、一見ヒノキの葉のように見えます。花は、葉腋から花茎を伸ばした先に付き、大きさ1㎝程の小さな釣鐘型の白色花です。世界的にはヒマラヤ辺りにも見られる植物です。      (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

ツリバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリバナ(ニシキギ科)

長い柄がある花序が特徴の、高さ1~4mの低木。今、見られる花は淡紫色を帯びた白色で、径は8mm程度。雄しべや雌しべは花盤になって目立ちません。花後の球形の赤い果実は熟すと5裂し、中から朱色の種をのぞかせます。   (「ひょうたん池」西側などに見られます。)