カレンダー

2016年9月
« 8月 10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

可愛いアザミの様な花…「ヒメヒゴタイ」

投稿日:2016年9月19日

9.29 ヒメヒゴタイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメヒゴタイ(キク科)

山地の草原などに生える、高さ50~150㎝の越年草。茎には縦に筋があり、紫色を帯びます。下部の葉は羽状に深裂しますが、表裏に細毛はあるものの刺はありません。よく枝分かれした茎の上部に、径1cm程の紅紫色の頭花を付けます。小花はすべて筒状花で先が5裂します。花びらに見えるのは、総苞片の付属体です。    (「友好姉妹都市の庭」に見られます。)

 

 

9.05 ニラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニラ(ヒガンバナ科)

インド、中国、日本などに野生するとされる多年草。全体に特有の臭気があるのが特徴です。葉は長さ20~30㎝の扁平な線形。花茎は高さ30~50㎝になり、先端に白い花を散形状に付けます。花被片は長楕円形で、長さは5~6mmです。       (「吉林の庭」近辺に見られます。)

 

 

 

10.17 カンボク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボク(レンプクソウ科)←スイカズラ科 の果実

山地に生える高さ2~3mの落葉低木。枝先にガクアジサイに似た花を付けていました。花後にできた果実は径8mm程の球形の液果です。真っ赤に熟し、葉が落ちた後もそのまま残ります。理由は、鳥も食べないほど不味い(臭い)からです。    (あちらこちらの林縁に見られます。)

 

 

 

0913 サンショ果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンショウ(ミカン科)の果実

山地に自生する落葉低木で、高さは1~3m。葉柄の基部に一対ずつ棘があります。葉は5~9対の小葉を持つ羽状複葉で、独特の香りがあります。雌雄異株で、春には目立たない淡黄緑色の小花を咲かせます。果実は赤く熟し、中の黒い種やタネを包む果皮は香辛料などとして使われます。    (「アジサイロード」近辺に多く見られます。)