カレンダー

2016年8月
« 7月 9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

花後の伸びた花柱が仙人の白ヒゲ?…「センニンソウ」

投稿日:2016年8月18日

 8.27 センニンソウ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センニンソウ(キンポウゲ科)

山野に生える多年性のツル植物で、奇数羽状複葉の葉腋に、白色の花を多数つけます。十字に平開しているのは花弁状ので、本当の花弁はありません。花後に、伸びた花柱が白色の羽毛状になり、その様子が仙人の白ヒゲのように見えたので、この名が付いたようです。有毒植物で、触るとかぶれることがあります。     (「マグノリア通り」のオオヤマザクラの根元などに見られます。)

 

 

 

0905ツルボ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルボ(キジカクシ科)←ユリ科

原野に自生し、ニラに似た線形の葉を出す多年草。草丈は20~40㎝で、葉の間から花茎を出し、先端に淡紫色の花穂を付けます。小花は花被片が6枚で、平開します。名は“根茎がツルっとしているからツルボ”とも言われていますが、はっきりしません。     (「ひょうたん池」西側に見られます。)

 

 

 

0818 クロバナヒキオコシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロバナヒキオコシ(シソ科)

草丈は0.5~1.5m、対生する葉は広卵形で基部はクサビ状になり、葉柄の翼に流れます。上部の葉腋から出る多数の花は、花冠が暗紫色で長さは5~6mmと小さく、上唇は直立して4裂、下唇は舟形になっています。名は「噛むと気を失った人でもひき起きるほど苦い」事から付いたそうです。    (「薬草コーナー」に見られます。)

 

 

 

0818 ススキ花0818 ススキ種

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ススキ(イネ科)

葉は細長く、ケイ酸を多く含むために堅く、縁は鋭く刃物状になっているので、皮膚が傷つかないように注意が要ります。十数本に分かれた花穂は長さが20~30㎝で、赤っぽい色をしている時が開花で(左写真)、穂全体が白っぽくなった時は種子になった時です(右写真)。