カレンダー

2016年8月
« 7月 9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

日本固有のハギ…「ツクシハギ」

投稿日:2016年8月9日

9.15 ツクシハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツクシハギ(マメ科)

山地に生える日本固有のハギで、高さ2~4mの落葉低木。長さ1~1.5cmの花の特徴は、旗弁は竜骨弁よりやや短く、淡紅紫色で基部から反り返っています竜骨弁は白味を帯びた淡紅紫色で、翼弁が最も短くなっています。      (「ロックガーデン」「七草の庭」で見られます。)

 

 

 

8.19 ホツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホツツジ(ツツジ科)

山地や山里に普通に自生する、高さ2m程度の落葉低木。葉は対生し卵形、枝先に白色で先端が淡紅色の小花を多数つけます。花弁は外側に反り返り雌しべが花冠から長く突き出るのが特徴です。これも日本特産です。   (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

0807 メドハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メドハギ(マメ科)

野原に生える、高さ60~90cmの多年草。茎の上部で枝分かれし低木状となりますが、やがて木質化した茎には稜と伏毛が見られるようになります。花は葉腋に集まって付き黄白色で紫色の斑紋があり、長さは6~7mmです。   (「ロックガーデン」などに見られます。)

 

 

8.19 ノコンギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノコンギク(キク科)

山野のいたるところに普通に見られる、高さ50~100cmの多年草。葉の両面には短毛が生え、ザラつきます。径2.5cm程の花は、中心に黄色の頭状花が多数あり、周りに淡青色の舌状花が一列に並びます。    (園内のあちらこちらに見られます。)