カレンダー

2016年5月
« 4月 6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

山形では“ダンゴ木”と呼ばれる…「ミズキ」

投稿日:2016年5月30日

5.19 ミズキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズキ(ミズキ科)

北海道~九州まで分布する落葉高木。互生する長さ10cm程の広卵形の葉は側脈が平行して走り、これはミズキ科の特徴の一つです。枝先に付く径10~15㎝の花序は、白くて小さな4弁花が集まっています。4本ある雄しべの花糸が長く、フワッとした外観に見えます。樹液が多く、枝を切ると水が滴り落ちることからの和名です。  (「ひょうたん池」西側やあちこちの林縁で見られます。)

 

 

 

5.26 ニワゼキショウ ◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニワゼキショウ(アヤメ科)

芝生の中や道端に見かける、草丈20cm程の多年草。線形の葉の頂上近くに、径1~2㎝の紫色の6弁花を付けます。アヤメ科なので花は1日でしぼんでしまいます。名は“庭に生える石菖”の意味で、“菖”はアヤメの事です。  (「吉林の庭」等で見られます。)

 

 

 

0529 ベニバナイチヤクソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニバナイチヤクソウ(ツツジ科)

ロゼット状の楕円形の葉の間から15~25cmの花径を伸ばし、総状花序を付けます。8~15個つく花は径1cm程赤みを帯び、釣鐘状です。萼も赤色で5裂しています。雌しべが下垂し、先が曲がるのが特徴です。名からも分かるように、薬草になります。    (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

5.29 フタリシズカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フタリシズカ(センリョウ科)

山野の林内に生える、高さ30~60cmの多年草。卵形の葉は4枚輪生しているように見えますが、実は2組の葉が上下に1~2㎝離れて対生しています。葉の中心から、米粒のような小花を付けた花穂を2~数本出します。葉に艶が無いのも、そっくりな“ヒトリシズカ”との違いです。“二人”とは、静御前と亡霊と言われています。   (林内、林縁に見られます。)

 

 

 

0529 サンショウバラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンショウバラ(バラ科)

枝がよく分枝し、強い棘があります。葉はサンショウのように羽状複葉です。小枝の先に、径5~6㎝の淡紅色の5弁花を付けます。和名は、葉と花を見た感じで付けられたようですが、葉はサンショウの様には香りません。  (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

6.02 イブキジャコウソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イブキジャコウソウ(ツツジ科)

地を這うように生育する小低木で、茎は細く、よく分枝します。淡紅色の、径4~5mmの小形の唇弁花を多数つけます。そして、葉の両面には小さな腺点があり、そこから芳香のある成分を分泌します。名は、伊吹山に多く見られ、良い香りを出す植物だからです。    (「ロックガーデン」に見られます。)

水辺の花「カキツバタ」が咲きました。

投稿日:2016年5月28日

5.21 カキツバタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カキツバタ(アヤメ科)

ミズバショウやザゼンソウの花が見えなくなり、淋しかった湿地に、鮮やかな紫色の花が咲きました。3枚の大きな花弁(外花被片)の中央基部に、白色の条紋があるのが特徴です。細い披針形の葉は中肋(背骨のような膨らみ)はありません。  (「水辺の広場」に見られます。)

 

 

 

5.29 カンボク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボク(レンプクソウ科)←スイカズラ科

枝先にガクアジサイに似た花を付ける、高さ5~7mの落葉小高木です。径10~15㎝の円形の花序の周囲は、五裂した白い装飾花、中央が小さな両性花になっています。葉は卵型で、浅く三つに裂けています。花後に真っ赤な球果をたくさんつけますが、不味いので鳥も食べません。   (園内の林縁など、あちらこちらに見られます。)

 

 

 

5.25 ミヤコワスレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤコワスレ(キク科)

山地の木陰などに生育する多年草。青紫色の花はキク科には珍しく春に咲きます。一見、アズマギクに似ていますが、周囲の舌状花は一列です。和名は、島流しにされた順徳天皇が、この花の美しさに慰められ、都恋しさを忘れたからと言われています。   (「ロックガーデン」などに見られます。)

 

 

 

5.25 アブラツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アブラツツジ(ツツジ科)

径5mm程の緑白色の壺形の花を、枝先にたくさん垂れ下げます。花の先は縁が小さく五裂し、裂片は少しそり返ります。名は葉の裏がなめらかで光沢があり、まるで“油を塗ったよう”である事に由来します。   (「マグノリア通り」等に見られます。)

 

 

 

6.01 チシマタンポポ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チシマタンポポ(キク科)

花径3~4㎝の頭花の色は黄色く、花の下にある総苞(花序全体を包む葉の変形したもの)は黒っぽい色です。根際から生える楕円形の葉に白い毛がたくさん生えている事と、茎の高さが10cmに満たないほど低い点が特徴です。舌状花の先には、4~5の切れ込みがあります。    (「スワンヒルの庭」に見られます。)

鮮やかな黄色の「ニッコウキスゲ」

投稿日:2016年5月26日

5.29 ニッコウキスゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニッコウキスゲ(ススキノキ科)←ユリ科

本州中部以北の山地や草原に生える多年草。60cm前後の茎を立ち上げ、先端に鮮やかな橙黄色の花を、次々に咲かせます。花は長さ10cm前後の六弁花で、日中に開き夕方にはしぼんでしまう“一日花”です。若葉やつぼみは食用にされます。      (「クリンソウの谷」の南側に群生します。)

 

 

5.29 シライトソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シライトソウ(シュロソウ科)←ユリ科

秋田~九州の山地の木陰などに生育する、高さ15~40㎝の多年草。根生葉はロゼット状ですが、その上の葉は線形の葉を多数つけます。茎の先に長さ10~20cmのブラシ状の花序を付け、下から順に白花を咲かせていきます。6個の花被片は先が太い線形になっています。     (「ひょうたん池」西側に見られます。)

 

 

 

5.21 ケナシヤブデマリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケナシヤブデマリ(レンプクソウ科)←スイカズラ科

湿った林の中などに見られる、日本固有種の落葉低木。ガクアジサイに似た白い花は、真ん中に小さな両性花、周りに径2~3cmの大きな装飾花というつくりになっています。装飾花の小片が1個だけ極端に小さくなっているのが本種の大きな特徴です。    (「クリンソウの谷」の西側に見られます。)

 

 

 

5.29 テマリカンボク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テマリカンボク(レンプクソウ科)←スイカズラ科

本種は、受粉可能な“両性花”はほとんどなく装飾花ばかりから成り、ボール状に集まっています。その様子から“手毬”と名付けられたようです。“肝木”は植物を薬用に用いる程、重要なという意味を含んでいるようです。   (「ひょうたん池」西側に見られます。)

 

 

 

5.19 センダイハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センダイハギ(マメ科)

本州北部~北海道に分布する、高さ40~90cmの多年草。直立して分枝は少なく、茎頂に総状花序を付け、長さ2㎝余りの濃黄色の蝶形花を付けます。歌舞伎の≪伽羅先代萩≫にちなんで名づけられたようです。   (「友好姉妹都市の庭」に見られます。)

 

 

 

6.06 マルバダケブキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバダケブキ(キク科)

やや湿り気のある林縁などに生える、高さ1m前後の多年草。30~40㎝の大きな腎円形の葉を付け、茎頂に黄色の頭花を数個つけます。径8㎝ほどで、周囲の舌状花はまばらに付け、内側には多数の筒状花が集まります。葉がフキのように丸く、山中(岳)に見られることからこの名です。     (「ミズバショウの谷」の東側に見られます。)