カレンダー

2015年11月
« 10月 4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

まるでブドウのような赤い実…イイギリ

投稿日:2015年11月13日

11.11 イイギリ果実 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イイギリ(イイギリ科)の果実

高さ15mにもなる落葉高木。互生する葉は、長さは10~20cmの卵心形で葉柄が長く、これで飯を包んだのが名の由来とされています。雌株にできた径1cm程の球果は、ブドウの房のように集まって赤く熟しますが、苦くてまずい実です。     (「スワンヒルの庭」の東側に見られます)

 

 

 

10.28 カリン果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カリン(バラ科)の果実

中国原産で、古くに日本に伝わりました。樹皮がはがれ、雲紋が見えるのが特徴です。果実は15㎝ほどの大きさで、強い芳香があり、果実酒などに利用します。だだ、果実自体は木質化し、渋みがあるので生食はできません。     (「薬草コーナー」などに見られます)

 

 

 

11.11 オトコヨウゾメ果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オトコヨウゾメ(スイカズラ科)の果実

高さ2m程の落葉低木。卵形の葉は紅葉がきれいですが、乾くと真っ黒になるのが特徴です。ですから、美しいからと言って栞にして本に挟んでおくと真っ黒になります。ヨウゾメとはガマズミの事で、実が苦くて食べられないので“男”とつきました。花は径1㎝に満たない淡桃色の5裂花です。     (「クリンソウの谷」西側に見られます)

 

 

 

11.11 ガマ果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガマ(ガマ科)の果実(穂)

湿地に生える、高さ2m程の多年草。童話「因幡の白ウサギ」で、赤裸にされたウサギに付けて痛みを和らげた、あの綿毛の植物です。葉は細く長く厚いので、編んでムシロなどに利用されます。円柱形の花穂の下半分が雌花で、写真の様に綿毛を付けた種をビッシリと集めています。やがて風に乗って飛散しますが、その数は30万個とも言われます。     (「クリンソウの谷」などに見られます)