カレンダー

2015年10月
« 9月 11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

紅葉と競演の赤い実…カンボク

投稿日:2015年10月17日

園内の紅葉と競うように、赤い実がたくさん見られます。

10.17 カンボク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボク(スイカズラ科)の果実

高さ5~7mになる落葉高木。葉が広卵形で3裂するので見分け易い木です。液果は径5~10mmで、真っ赤で美味しそうですが、鳥はあまり食べません。実際に潰してみると、強い臭気を放ちます。    (「クリンソウの谷の西側などに見られます」)

 

 

 

9.02 ナナカマド果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナナカマド(バラ科)の果実

ご存知「山形市の木」です。高さは3~10m、羽状の複葉は紅葉が美しく、花後に写真のような径5mm程の赤い球果を付けます。この果実は冬に葉が落ちても残り、私たちの目を楽しませてくれます。    (「ナナカマドの森」などに見られます)

 

 

 

1011サンシュユの実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンシュユ(ミズキ科)の果実

中国原産で、薬用植物として日本に持ち込まれました。高さは3~10m、春には鮮黄色の小花を枝一面に付けるので「ハルコガネバナ」、今のように赤い実を付ければ「アキサンゴ」「ヤマグミ」などと呼ばれます。長さ1.5cmの液果は、かなり渋くて生では食べられませんが、強精剤などとして使われます。    (「吉林の庭」に真られます)

 

 

 

1023ガマズミの実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガマズミ(レンブクソウ科・スイカズラ科)の果実

高さは2~5mになり、円形に近い卵形の葉を対生させます。写真の果実は、長さ3~5mmの卵形で、食用になります。ただし、“噛む酢実”がなまって“ガマズミ”になったと言われるように、甘さはなく、さわやかな酸味です。    (園内のあちこちで見られます)