カレンダー

2015年10月
« 9月 11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

水辺の3枚花弁の花「オモダカ」

投稿日:2015年10月2日

白い可憐な花が、水辺に咲きだしました。

10.02 オモダカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オモダカ(オモダカ科)

水路や水田に生育する多年草。葉の形が独特で、葉の下半分が2つに分かれ、直線的な矢じり形をしています。葉の長さは7~30cm、茎の高さは20~100cmで、径2cm程の白花は、珍しく三弁花です。和名の由来ははっきりしません。      (「クリンソウの谷に生育」)

 

 

一方こちらは、これから賑やかに咲いていきます。

10,02 ゴールデンピラミッド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンピラミッド(キク科)

和名はヤナギバヒマワリで、北米に分布するそうです。高さ1m内外の茎は直立して無毛、上部に多数の葉を互生します。花は径5cm程の、小さなヒマワリのような黄金色の舌状花と頭状花を持っており、ピラミッド型に花を集めて付けるので、この名です。       (「友好姉妹都市の庭」に植栽)

 

 

次の二つは、面白い形の果実、美しい果実です。

9.29 ツノハシバミ果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツノハシバミ(カバノキ科)の果実

山地に多い、高さ4~5mの落葉低木。春に帯白色の花穂(雄花)を出していましたが、くちばし状に長く伸びた独特の外皮を持つ果実を付けました。中の果実は円錐形で、1~1.5cm程。食用のヘーゼルナッツとごく近縁(味も)です。           (「ロックガーデン」などに見られます)

 

 

 

10.02 ツルリンドウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルリンドウ(リンドウ科)の果実

山地の木陰に生えるツル性の多年草。葉腋に、花冠が薄紫色で、先の五裂した花を付けていました。花後の紅紫色の果実は美しい液果で(長さ2cm程)、残った花冠の上に突き出て熟すのが特徴です。      (「ミズバショウの谷」の南側の杉林の林下に見られます)