カレンダー

2015年9月
« 8月 10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

純白のハギ…シラハギ

投稿日:2015年9月20日

本園にはいろいろなハギが咲きますが、真っ白なハギが咲きました。

9.20 シラハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラハギ(マメ科)

古くから人家に植えられているハギで、多少枝垂れて大きな株となります。ミヤギノハギの変種で、純白の花を付ける、高さ2m程の落葉低木。全体に絹状の伏毛があります。葉は三出複葉で互生し、小葉は長楕円形です。本園の料金所手前に、入園者を待っているように咲いています。

 

 

面白い実を付ける小さな花も咲いています。

9.18 アメリカセンダングサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカセンダングサ(キク科)

北米原産の1年草で、大正時代に日本に入りました。茎はやや角ばった四角柱状で、高さは1~1.5m程、多くは暗紫色を帯びます。枝の先にカップケーキに似た濃暗黄色の頭花を開き、花後に扁平で両肩に下向きのトゲを持つ種を付けます。2本の刺で衣服に付き、厄介です。   (「花の草原」等、園内のいたるところに生育)

 

 

9.18 チヂミザサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チヂミザサ(イネ科)

日本全土の山野樹下に生える多年草。ササに似た葉は互生し、縁にしわがあり、縮んだように見えるのでこの和名が付きました。30cm程の高さの茎頂に、直立した花穂を付けます。花穂は長さ2㎜ほどの小穂からなっており、果実が熟すころには粘る露を出し、衣服などに粘着します。      (園内のいたるところに見られます)

 

 

 

9.18 メナモミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メナモミ(キク科)

山野に多い高さ1m内外の多年草。茎、葉には毛が多く、枝先に黄色の頭花を開きます。花の周囲には細長いへら状の総苞外片が5個並び、これにも腺毛があり、衣服などにくっつきます。舌状花は1列で、中心は筒状花になっています。和名は「とどこおり、ひっかかる」の意味の“なずむ”から由来しているようです。     (「花の草原」など、いたるところに生育)