カレンダー

2015年9月
« 8月 10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

綺麗だけど、苦いのです…センブリ

投稿日:2015年9月18日

9.18 センブリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センブリ(リンドウ科)

山野に普通に見られる二年草。高さは20cm程で、茎は方形で暗紫色をしています。葉は広めの線形で、立ち上げた茎頂に、径1.5~2cmの白色に紫色の筋がある星形の5弁花を付けます。日が当たると開き、陰ると閉じます。葯の紫色が何ともきれいです。和名は、「千度振り出してもなお苦い薬草」の意味です。   (「ロックガーデン」に生育)

 

 

 

9.18 オヤマボクチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オヤマボクチ(キク科)

アザミ類の多年草で、山菜の“ヤマゴボウ”と呼ばれます。山形では“ゴンパ”と呼び、草餅のヨモギ代わりに使う植物です。葉の裏に生える繊維が、火起こしの時の火口(ほくち)として用いられたことが和名の由来となっています。茎の高さは70~100㎝、頭花は径3~4cm。    (「ロックガーデン」に生育)

 

 

 

9.18 ウメモドキ果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウメモドキ(モチノキ科)の果実

高さ1~3mの落葉低木。葉がウメの葉と似ている事が和名の由来のようです。雌雄異株で、今、雌株に径5mm程の紅色の球果を見事に付けています。美しい故に、庭木で観賞したり、冬の上等な花材として用いられます。      (園内の、比較的湿った場所に生育)

 

 

もう一つ赤い果実を紹介します。

9.18 コマユミ果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コマユミ(ニシキギ科)の果実

山野に自生する、高さ1~3mの落葉低木。初秋の今、他の樹木に先駆けて紅葉を始めています。枝にコルク質の翼が発達しない点がニシキギとの違いで、紅色に熟した果実は2つに割れ、中から朱色の種子が現れています。      (園内のいたるところに見られます)