カレンダー

2015年9月
« 8月 10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

枝垂れるのが特徴…ミヤギノハギ

投稿日:2015年9月12日

 

0912ミヤギノハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤギノハギ(マメ科)

高さ1~1.5mの落葉小低木。枝が柔らかく、地面に着くほど枝垂れるのが特徴のハギです。葉は3小葉複葉で、葉より長い総状花序を付け、長さ1.5cm程の紅紫色の美しい花を開きます。竜骨片が翼弁より長く、紅紫色で鎌状に曲がります。和名は、萩の産地で有名な“宮城野”にあやかって名付けられたようです。     (「七草の庭」などに生育)

 

 

 

9.12 ヤクシソウ②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤクシソウ(キク科)

日当たりの良い草地や道端に生える、草丈30~60cmの2年草。互生する葉は、距歯のある細長い心形で、基部で茎を抱くことや、茎を切ると白色の乳液を出すのが特徴です。枝の先に径1.5cm程の頭花を付けますが、全部黄色の舌状花です。和名の由来は、葉が薬師如来の光背に似ることによるようです。    (「ロックガーデン」などに生育)

 

 

 

0910ウメバチソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウメバチソウ(ユキノシタ科)

山の日のあたる所に生える多年草。根生葉は心形で、固まって付きます。10~40cmの花茎を直立し、白色の5弁花を1個付けます。径2㎝程の白花はウメの花と似ており、和名は“梅鉢の紋”に似ているところから来ています。       (「ロックガーデン」に生育)

 

 

 

9.10 ヒメヒゴタイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメヒゴタイ(キク科)

北海道~九州の日当たりの良い山地の草原に生える、草丈1.2mほどの大型の多年草で、下部の葉は羽状に深裂します。茎の上部に紫色の頭花を付けます。総苞は径1㎝、うろこ状に重なる総苞片バラのように見えて美しいです。名はヒゴタイに比べて小形だからです。     (「花の草原」に生育)

 

 

 

0928シオン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シオン(キク科)

山地のやや湿った所に生える、草丈1.5~2mの多年草。茎、葉ともにザラつき、上部の葉ほど狭小で無柄となります。花径は2.5~3.5cmと割合大きく、筒状花は黄色くて舌状花は淡紫色です。茎頂の散房状の頭花は固まって付き、凛とした立ち姿に見えます。      (「友好姉妹都市の庭」に生育)