カレンダー

2015年7月
« 6月 8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

日本の美…カワラナデシコ

投稿日:2015年7月8日

7.08 カワラナデシコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カワラナデシコ(ナデシコ科)

各地の山野に自生する多年草です。草は50cm程の茎が数本固まって生え、対生する葉は線形で、粉をふいたような緑色をしています。まばらに分枝した先端に、径4~5cmの5弁花を付けます。花弁の先端は糸状に裂けて繊細で、日本の野草の中でも最も美しいものの1つです。

 

 

 

7.08 ホザキナナカマド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホザキナナカマド(バラ科)

里山の人家の庭先などに植えられる、高さ2~3mの落葉低木。葉は奇数羽状複葉で、枝先に10~20cm程の円錐花序を付けます。径6~7mmの白色の5弁花を多数つけますが、雄しべは花弁より長く突き出るのが特徴です。

 

 

 

7.08 イワガラミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワガラミ(アジサイ科・ユキノシタ科)

名前の通り、幹や枝から気根を出して、岩や木に絡みながら這い登り、10mにもなるツル性の落葉樹です。ガクアジサイのように中心部には小さな両性花が集まり、縁には装飾花が並びます。装飾花の花弁状の萼片が1枚しかないのが大きな特徴です。

 

 

 

7.08 ホンカンゾウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホンカンゾウ(ユリ科)

中国原産で、日本に自生はなく、しばしば植栽されます。高さ60~100cmの茎を直立させ、数個の花を付けます。長さ7cm程の一重の花被片を持つ花は、しゃくれたように上を向いて咲きますオレンジがかった黄色も特徴ですね。