カレンダー

2015年6月
« 5月 7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

名前が雅な「キョウガノコ」

投稿日:2015年6月18日

花の姿も綺麗で雅(みやび)ですが、名前もなかなかです。

6.17 キョウガノコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キョウガノコ(バラ科)

コシジシモツケの栽培種で、自生しているのは見られないそうです。葉は深く掌状に裂け、草丈は80cmほどで、茎頂に紅色5弁の小花を密生してつけます。長い雄しべがフワッとした外観を作っています。花の様子が“鹿の子絞り”に似るため、この名が付きました。

 

 

 

6.18 クリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリ(ブナ科)

山に生える落葉高木で、15m以上になる時もあります。雌雄同株で、雌雄異花雄花は尾状の花穂となって多数の黄白色の細花を付け、今頃の山肌を賑やかに飾っているのをよく見かけます。花は強い匂いを放つので、「なるほど虫媒花」と、納得します。雌花は、雄花の花穂の下部に付いています。

 

 

 

6.18 オオコメツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオコメツツジ(ツツジ科)

北陸~東北の山地に生える落葉低木(高さは1m程度)。コメツツジに似ていますが、全体にやや大形で、葉の3脈が目立つという違いがあります。花は枝先に8mmほどの小花を4~7個付けます。「ロックガーデン」に咲いています。

 

 

 

6.18 ママコナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ママコナ(ゴマノハグサ科)

九州~北海道の山地の林下等に生える、高さ30~50cmの半寄生植物。枝先に花穂を出し、葉腋に、長さ1.5cmほどの赤紫色の唇形花を付けますが、その唇弁に二つの飯粒状の白い斑点が目立つので、和名が付きました。“種が米粒に似ているから”という説もあるようです。