カレンダー

2015年6月
« 5月 7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

園内を華やかにしてくれる「シモツケ」

投稿日:2015年6月14日

野草園を一周する道路端など、ところどころに可憐な赤い花が咲いてきます。

6.13 シモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シモツケ(バラ科)

山地の日当たりの良い所に生える落葉低木で、高さは1m内外です。枝の先に散房状に群がって、径3~5mmほどの小さな5弁花を付けます。普通は淡い紅色で、長い雄しべが多数あって目立ち、フワッとした感じの見た目になります。葉は長楕円形で先がとがり、互生します。名は下野国(現在の栃木県)で初めて見つけられたことに由来します。

 

 

 

6.14 ラベンダーC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラベンダー(シソ科)

半木本植物で、原産地は地中海沿岸など。葉は線形で、草丈はほぼ1m以内です。枝先の穂状の花は淡紫色で、唇形をしています。植物全体から良い香りがしますが、細かい毛に覆われた花、葉、茎に精油を出す線をそなえているからです

 

 

 

6.13 ヒナマツヨイグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒナマツヨイグサ(アカバナ科)

北米原産で、今では広く見られるようです。草丈は15~30cm程になり、小さな葉はへら形~披針形で互生します。花は茎の上部の葉腋に、直径1.5cm程の黄色の小花を付けます。花弁にはくっきりした筋が見られます。和名は、“花も草丈も小さいマツヨイグサ”の意のようです。

 

 

 

6.112 マルバノイチヤクソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバノイチヤクソウ(イチヤクソウ科)

深山の林の中に生える多年草で、葉の長さと幅がほぼ同じで円形なところが特徴です。葉の間から15~20cmの花茎を立ち上げ、径10~13mmの広鐘形の白花を5~10個程下向きに付けます。「イチヤクソウ」とは、“全草を乾燥させて民間薬にしていたため”と言われています。

 

 

 

6.14 オッタチカタバミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オッタチカタバミ(カタバミ科)

北米原産の多年草で、道ばたや荒れ地などでよく見かけます。「カタバミ」は茎が横に這いますが、本種は茎は横に這わずに直角に立ち上がります。草丈は20~30㎝程で、葉は独特のハート形を3つ合わせた形です。花冠は、1cm程の黄花です。