カレンダー

2015年6月
« 5月 7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

白い苞が目立つ「ヤマボウシ」

投稿日:2015年6月10日

6.06 ヤマボウシ 開花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマボウシ(ミズキ科)

各地の山野に普通に自生する落葉高木で、花や葉がハナミズキにそっくりです。真っ白な花びらに見えるのは“苞”(葉が変わったもの)で、その中心に淡黄緑色のごく小さな花が20~30個、密集して付きます。秋にはほのかに甘い果実が赤く熟します。名は、つぼみの集まりを坊主頭に、白い苞を頭巾に見立てたものです

 

 

 

6.09 コメバツガザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメバツガザクラ(ツツジ科)

茎が地上を這うように生育する常緑低木の高山植物です。樹高は、15㎝程度にしかなりません。葉は革質で、長径5~10mm、短径3~5mmほどの小さな葉です。この小さな葉を米粒に例えての和名です。枝先に花序を出して、長さ4~5mmの3個の花を付けます。

 

 

 

0617リナリア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リナリア(ゴマノハグサ科)

日当たりの良い場所に、草丈80~100cmになって、紫色の小花をたくさんつけて咲いています。下から順に咲きあがるので、細長い円錐形の花姿です。葉は線状で青緑色。本園のものは、“リナリア・プルブレア”という園芸種のようです。

 

 

 

0613オオバギボウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバギボウシ(ユリ科)

山の草地や林内に生える多年草。山形の人は“ギンボ”と呼びます。近縁種のコバギホウシは全体に小さく、葉はへら形ですが、本種は葉の基部が切れ込み、ハート形になっています。花はわずかに紫色を帯びた白色です。その蕾の形が橋の欄干の飾り物[擬宝珠]に似ているので、この和名です。

 

 

 

6.08 ウツボグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウツボグサ(シソ科)

日本各地の山野の草地に普通に見られる多年草。草丈は、10~30㎝程です。本園では「ロックガーデン」の散策路の端に見つけることができます。茎は四角形で、やや斜めに立ち上がり、茎先に3~8㎝の壺形の花穂に、紫色の唇形花を付けます。和名は、矢を入れる“うつぼ”に似ているからです