カレンダー

2015年5月
« 4月 6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

黄橙色の花が鮮やかな「ニッコウキスゲ」

投稿日:2015年5月30日

ピンク色に染まるの「クリンソウの谷」の南側に、鮮やかな黄橙色の花が、ぞくぞくと咲き出しています。

 

5.29 ニッコウキスゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニッコウキスゲ(ユリ科)

中部地方以北の山地に生える多年生草本。高さ50~70㎝の茎の先に、黄橙色の花を3~4個つけます。花の長さは10cm内外。花は一日花で、朝開いて夕方にはしぼんでしまいます。キスゲのキは花色を指し、スゲは葉の形がカサスゲに似ている事に基づいているようです。これからも、どんどん咲きます。

 

野草園入口のすぐそばにある「ひょうたん池」にも、美しい花が咲きだしました。

5.29 スイレン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイレン(スイレン科)

漢字で「睡蓮」。花は朝開いて、夕方には閉じます。夜、眠るので“睡”蓮です。池、沼などに生育し、基部に切れ込みのある円形の葉を水の表面に浮かべて、長い柄の先に白、赤、桃色などの花を咲かせる多年生の水草です。花径は15㎝程。

 

 

5.29 ムラサキツユクサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキツユクサ(ツユクサ科)

いかにも和風な花ですが、北米原産の多年草です。明治初年に渡来したそうです。葉は線形で長く、基部で茎を抱き、枝先に数個の花が集まって付きます。3枚の紅紫色の花びらがあり、朝開いて半日でしぼむ一日花です。(草丈50㎝内外、花径2~2.5cm)

 

 

5.29 ヤグルマソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤグルマソウ(ユキノシタ科)

山の樹下などの陽の当たらない場所に、大きな5小葉(大きさ30㎝内外)を放射状に広げる多年草。草丈は90㎝程で、中心から長い花茎を伸ばして、円錐状の白い集散花序を付けます。大きな葉の形が、鯉のぼりの矢車に似るのでこの名です。  [園芸界でのヤグルマソウは、ヤグルマギクの事を指すことが多い]

 

 

5.29 シロバナカキツバタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナカキツバタ(アヤメ科)

紫のカキツバタがたくさん咲く「ミズバショウの谷」に、一株だけ白いカキツバタが咲いています。背丈も花の大きさも変わりませんが、純白の姿は凛としてきれいです。

 

 

5.26 ホソバオオアマナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホソバオオアマナ(ユリ科)

林下等に自生する多年草。草丈は20~30㎝。枝分かれした花柄の先に、白い6弁花を付けます。花弁の裏側が緑色で、縁が白くなっているのが特徴です。アマナの仲間で、葉の細いことからの命名です。(花径は4㎝程。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野草園のお姫様?「ヒメサユリ」

投稿日:2015年5月28日

5.25 ヒメサユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメサユリ(ユリ科)

新潟県と東北地方南西部の高山に生える多年生草本。ササユリに似ていますが、丈が低く(30~50㎝)、葉は短くて幅が広く、黄色い葯を持つ雄しべが外に出ないという違いがあるようです。とても可憐な姿から、「オトメユリ」の別名があり、まさに「当園のお姫様」です。(花径5~6㎝、花長8㎝程)

 

 

5.26 ハクウンボク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハクウンボク(エゴノキ科)

山地に生える、樹高6~15mの小高木。花の時季は、長さ2㎝程の白花を20個ほど今年枝に総状にぶら下げます。2年枝には表皮が縦に割れ、はがれ落ちる特徴があり、分かり易い木です。

 

 

こちらは、小さくても木本です。

0602アカモノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカモノ(ツツジ科)

四国~北海道の亜高山の日当たりの良い場所に生える、高さ10~20㎝程の常緑の小低木です。花の大きさは6~8mmで釣鐘型、縁が小さく5つに裂け、軽くカールしています。萼が濃い赤色をしていて、花後も果実を包みます。和名は、桃のように甘く、赤い実なので「あかもも」がなまったものと言われています。

 

 

5.17 ジャーマンカモミール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャーマンカモミール(キク科)

欧州~西アジアにかけて分布する、草丈60cm程になる、耐寒性の一年草です。本園では、「ウランウデの庭」に植栽しています。茎頂に、直径3㎝程の頭花を多数咲かせます。リンゴのような甘い香りがし、各種の薬効も期待されますので、来園してぜひ香りを嗅いでみてください。

 

 

 

 

春に咲く菊「ミヤコワスレ」

投稿日:2015年5月26日

5.25 ミヤコワスレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤコワスレ(キク科)

山地の木陰等に生える多年草。青紫色の花は、キク科には珍しく春に咲きます。草丈は30~60cm、花径は3~4㎝。和名の由来は、戦いに敗れ島流しにされた順徳天皇が、この花のあまりの美しさに、都への思いを忘れられるとの話から来ています。

 

5.25 エビネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エビネ(ラン科)

山地の林中に生える多年草。花は、数枚結束した葉の間から出た花茎に10個内外付けます。花の色は、白、黄、赤褐色など多彩で、名は、地下茎が海老のように連なっているところから来ています。素朴な美しさに、愛好家が多い植物です。

 

 

5.26 ニワゼキショウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニワゼキショウ(アヤメ科)

芝生の中や道端にありますが、よく見るととてもきれいです。花径は5~10mmと小さな花ですが、アヤメ科の仲間です。花は一日でしぼんでしまいますが、次々に咲いてくれます。

 

 

5.26 コゴメウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コゴメウツギ(バラ科)

三角形状の葉が、羽状に浅裂する姿が特徴的です。ウツギに似た小さな花を米粒に例えて命名されました。樹高は1~2m、花径は4~6mmほど。

 

 

5.25 ヤマオダマキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマオダマキ(キンポウゲ科)

深山の林の縁や道端に生える多年草。下向きに咲く花は、外側の萼は紫褐色、その内側に淡黄色の花弁があります。距の部分も萼と同じ紫褐色です。(草丈は30~70㎝、花径は3~3.5㎝ほど)

 

 

5.26 スモークツリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スモークツリー(ウルシ科)

南欧~中国の広い分布を持つ、樹高4~5mの木です。径3mmほどの淡緑色の目立たない花を穂状にたくさん咲かせます。花後に不稔花の花柄が長く伸びて、羽毛のようにモフモフとした姿になると目につきますが、花は注意しないと見過ごします。

 

5.21 ケナシヤブデマリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケナシヤブデマリ(スイカズラ科)

日本固有種の落葉低木(樹高は2~5m)。ガクアジサイに似た白い花で、真ん中に小さなむ両性花周囲に2~3㎝の大きな装飾花が取り囲んでいます。葉にはほとんど毛がないヤブデマリなので、この名です。

 

 

5.26 ツクバネソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツクバネソウ(ユリ科)

北海道~九州の林床や山道沿いに生育する多年草。高さ20cm程の茎頂に、4枚の葉を輪生させ、その中心に、径3~4㎝の花を1つ咲かせます。花後に、果実が“羽根つき”の羽根にそっくりになるので、この名です。