カレンダー

2014年9月
« 8月 10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

凛とした姿の「シオン」

投稿日:2014年9月28日

0928シオン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シオン(キク科)

九州~本州に分布しますが、野生のものはまれです。茎の高さは1.5m前後で、鋸歯のある長楕円形の葉を対生させ、茎の上部に淡紫色の花を多数つけます。茎に対して花の部分が大きく凛とした立ち姿になります。

 

 

0928カメバヒキオコシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメバヒキオコシ(シソ科)

草丈が1.2mほどになる多年草。対生する葉は、先端が3つに裂けていて、真ん中の裂片が長く、亀のしっぽに似ていることから「亀葉」の名です。しかし、上部の葉は、その特徴が見られないものが多いようです。

 

1001アメリカセンダングサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカセンダングサ(キク科)

北米原産の1年草で、大正時代に日本に入ったといわれています。草丈は1~1.5mほどで、枝の先にカップケーキに似た濃暗黄色の花を咲かせます。花後の果実を採って衣服にぶつけると良くくっつくので、昔、これで遊んだ方も多いと思います。

 

 

0928白いトリカブト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白いトリカブト?(キンポウゲ科)

通常は紫色の花を付けるトリカブトですが、なぜか1株だけ白い花を付けていました。突然変異(アルビノ)か、他の種なのか不明ですが、珍しいので紹介しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一目でわかる「ダイモンジソウ」

投稿日:2014年9月27日

0927ダイモンジソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイモンジソウ(ユキノシタ科)

山地の湿り気のある岩場などに生える多年草。本園では「ロックガーデン」に咲いています。和名は、花が「大」の字に似るので付けられました。基本の花色は白色ですが、園芸品種では赤などがあります。

 

 

0927コンギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンギク(キク科)

本州~九州に生育し、ノコンギクの園芸品種と言われています。しかし、時には野生化しているものもあるようです。濃い紫色の花径は、3㎝前後、花序の上部がほぼ平らになるようです。葉には3脈が目立ちます。

 

 

0927ミヤマガマズミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマガマズミ(スイカズラ科・レンブクソウ科)の実

落葉低木で、葉脈のはっきりした葉は対生します。春には白色の散房花序を付けていましたが、今は見事に赤い実をたわわに実らせています。実は甘酸っぱく、食べることができます。

 

 

0927チドリノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チドリノキ(カエデ科・ムクロジ科)の葉

九州から岩手県の沢沿いなどに生え、長楕円形卵状の葉を付ける樹木です。見た目では、とてもカエデの仲間だとは思えませんが、「対生する葉」と「翼の付いた種」というカエデの特徴をしっかりと持っています。これからやがて黄色く色づきます

特別苦いリンドウの仲間「センブリ」

投稿日:2014年9月23日

0921センブリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センブリ(リンドウ科)

痩せた土の草原や路傍などに生育する1年草。草丈は20㎝ほどで、薄紫色の条線がある径15mmほどの白い小花を茎先に咲かせます。リンドウの仲間は、苦い健胃薬として知られていますが、本種は特に苦く、「千回振り出しても苦い」ことから名が付きました。

 

 

0923ショウジョウバカマの新芽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショウジョウバカマ(ユリ科)の新芽

ロゼット状の葉から茎を立ち上げ、茎の先に数個の小花を集めて横向きに付けていましたが、今は葉だけになっています。そして、その葉先が地面に付いた所では、新しい芽ができています。自分と全く同じ子孫(クローン)を作ろうとしているのです

 

 

0923アジサイの装飾花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾアジサイ(ユキノシタ科)

ガクアジサイと同様に、中心には目立たない小さな両性花、周りに目立つ装飾花を付けて虫を誘っていましたが、今は装飾花はその役目を終え、花の軸を上にしてまるっきりひっくり返り、「お役御免」の姿を見せています。

 

 

0923エゾリンドウ 曇天時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾリンドウ(リンドウ科)

北海道~中部地方の低山の草地や湿地に生える多年草。茎頂や葉腋に、濃い紫色の花を付けますが、綺麗に開いたところを写真に撮ろうと思っても、残念なことに陽の光が当たらないと大きくは開きません。そこが又、味がある所なのですが…。