カレンダー

2014年9月
« 8月 10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

秋にも咲き出した「リュウキンカ」

投稿日:2014年9月7日

0905リュウキンカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リュウキンカ(キンポウゲ科)

金色(黄色)の花が立った茎に咲くので“立金花”です。湿地や沼地が好きな多年草で、春にも「クリンソウの谷」の南側に咲きましたが、本園では秋になってまた咲き始めました。

 

 

0907アキノウナギツカミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキノウナギツカミ(タデ科)

湿地に群生する1年草。80㎝ほどに立ちあがってくるものもあります。茎は角ばっており、下向きの刺があり、まるでヌルヌルするウナギでも簡単につかめそうなのでこの名です。茎の先に、10数個からなる淡紅色の小さな花を咲かせます。

 

 

花も多様ですが、変わった実も目立ちます。

0905ツクバネソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツクバネソウ(ユリ科)

北海道~九州の落葉広葉樹林の林床などに生育する多年草。春先に4枚の輪生する葉の上に1つの黄色い花を咲かせていましたが、今は「羽子板のハネ」にそっくりな実を付けています。

 

 

0907キタコブシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キタコブシ(モクレン科)

春先に、モクレンに似た真っ白い花を枝いっぱいに付けていましたが、今は実がなっています。その実を見れば“コブシ”の名が付いた理由が納得できるような、まるで握りこぶしに見える実を付けています。

 

 

0907ヤマボウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマボウシ(ミズキ科)

山野に普通に自生し、春にはハナミズキにそっくりな花を咲かせていました。今は、サクランボのような赤い実を上向きににつけています(写真の実は大きくて垂れているようですが)。食べられる実で、甘みは弱いのですが、柿やマンゴーのような、ねっとりとした味わいだそうです。