カレンダー

2014年7月
« 6月 8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

本当に釣り下がった格好の「ツリフネソウ」

投稿日:2014年7月30日

0729ツリフネソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリフネソウ(ツリフネソウ科)

水辺に群生する1年草です。背丈は50cm程で茎の先に数個の花が下がります。花は紅紫色で、距(きょ)は著しく後ろに突き出て渦巻き状になります。名は、帆掛け船をつりさげた様に見えることからきたようです。

 

 

 

0729フシグロセンノウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フシグロセンノウ(ナデシコ科)

背丈は1m程で、茎にある数個の節が茶色っぽい紫になるのが特徴です。花は、くっきりしたオレンジ色の5弁花を平らに開きます。あまり明るくない林床などの日陰を好むようです。

 

 

 

0730ダキバヒメアザミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダキバヒメアザミ(キク科)

東北地方~新潟県の山林の林縁等に生える多年草です。茎は直立し1~2mほどになります。葉は楕円形から羽状に裂けるものまであり、茎を抱くのが特徴です。柄の先に花が一つだけ咲きます。

 

 

 

0729タチフウロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タチフウロ(フウロソウ科)

草丈30~70㎝ほどになる多年草です。分岐した茎頂に1~3個の花を付けますが、一度に開花するのは一輪だけです。径3cm程の五弁花で淡紫色の花弁の中ほどまで濃い紫条が入るのが特徴です。

 

 

 

0725センニチコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センニチコウ(ヒユ科)

熱帯アジア原産の一年草。古くに日本に渡来し、栽培されています。高さ50~80㎝の茎の上部に、径2㎝の球状の頭花を付けますが、この花は多数の小花からなっています。花期が長く(千日紅と言われる所以)、だんだんと頭花は細長く伸びていきます。

 

 

 

0729ルリタマアザミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルリタマアザミ(キク科)

地中海沿岸~西アジア原産の二年草。背丈は1~1.5mほどで、アザミに似たような葉を付けます。そして、茎の先に径3~4㎝ほどの淡いブルー(るり色)の真ん丸な球形の花(頭状花)を付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やさしい野菊「ユウガギク」

投稿日:2014年7月29日

0729ユウガギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユウガギク(キク科)

近畿・中国地方に自生する多年草。高さは1~1.5mになります。よく似た野菊の仲間が幾種かありますが、冠毛が1mm以上、全体に毛がない点などが見分ける視点のようです。

 

 

 

0729ムクゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムクゲ(アオイ科)

インド・中国原産の落葉低木で、野草園では「吉林の庭」に咲いています。高さは3mほど。タチアオイに似た大きな花は、朝開いて夕方には落ちます。

 

 

 

0729ビロードトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビロードトラノオ(ゴマノハグサ科)

茎の先の長い穂に多数の小花をつけます。葉の両面に、ビロードのような軟毛が生えていて、花の様子が虎の尾に似るのでこの名です。ぜひ、葉に触ってみてください。

 

 

 

0729アガパンサス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アガパンサス(ユリ科)

南アフリカ原産の多年草。開花時期や草丈など、種により変化に富んでいます。茎の先に数十輪の花を放射状に咲かせるところが特徴です。

 

 

 

0729 エビガライチゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エビガライチゴ(バラ科)

木イチゴの仲間で、全体が毛ガニのような毛で覆われています。初夏に白い花を付けていましたが、今は真っ赤な果実(液果)になっています。あまり美味しそうなので紹介しました。もちろん食べられます。

お雛様が持つ扇子「ヒオウギ」

投稿日:2014年7月26日

0725ヒオウギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒオウギ(アヤメ科)

山地の野原に生える多年草。葉の形に特徴があって、広い剣状の葉が扇形に並んでいます。それを“檜扇”に見立てての名です。花は6枚の花被片で水平に開き、黄橙色で内側に濃い暗紅点が多数あります。花後は黒くて大きな種がゴロゴロとつきます。

 

 

 

0725サワギキョウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サワギキョウ(キキョウ科)

山間の湿地に生える多年草で背丈は1m内外。茎の上部に総状花序をつけます。花は紫色で、唇形に深く5裂し、縁にはまばらに軟毛が生えています。おとなしい姿ですが、毒を持っているようです。

 

 

 

0725チーゼル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チーゼル(マツムシソウ科)

ヨーロッパ原産の2年生。太く直立した茎は高さ1.5mほどになり、茎の先に淡紫色の円柱状の花を付けます。頭花の部分にも茎にもトゲがあり、チクチクします。ぜひ触ってみてください。

 

 

 

0725ビロードトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビロードトラノオ(ゴマノハグサ科)

茎の先端に穂状の花をたくさんつけます。その花の姿が虎の尾に似て、葉の両面にはビロードのような軟毛が生えているのでこの名です。「七草の庭」に咲いているので、こちらも葉を触ってみてください。

 

 

 

0723ミソハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミソハギ(ミソハギ科)

山地の湿地などに生える多年草。茎は直立して1mほどになります。対生する細長い葉の腋に、径1.3㎝ほどの紅紫色の花を1~3個つけます。盂蘭盆に供える花で「みそぎ萩」から付いた名のようです。