カレンダー

2014年4月
« 3月 5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

桜で祭りも賑やかに

投稿日:2014年4月29日

4月26日(土)から始まった野草園祭り。それに合わせたように咲きだしたサクラが花を添えています。ジュウガツザクラオクチョウジザクラオオヤマザクラソメイヨシノ…などが美しい姿を見せています。今が見ごろです。

 

 

0026 オオヤマザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオヤマザクラ(バラ科)

ヤマザクラの仲間の中でも、花が大きい事からオオヤマザクラと名付けられたようです。赤みが強く「ベニヤマザクラ」の別名があります。野草園のシンボルとして『中央広場』の入り口に雄姿を見せています。

 

 

0298 イワナシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワナシ(ツツジ科)

地面に這うように生えていますがツツジ科の木です。果実がナシの果肉に似て美味しいので、この名が付いたようです。『ロックガーデン』を登り始めた分かれ道の所に咲いています。

 

 

0011 トガクシショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トガクシショウマ(メギ科)

長野県の戸隠山で初めに発見されたのでこの名です。淡紫色の花弁に見えるのはガク片です。うつむき加減に咲く花は、日本固有の植物にふさわしい姿です。

 

 

0280 ミヤマカタバミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマカタバミ(カタバミ科)

普通に見られるカタバミは黄花ですが、本種は白花です。カタバミの名の通り、葉がたたみ込まれ、一方が欠けているように見えます。

 

 

0285 ハシリドコロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハシリドコロ(ナス科)

葉と地下茎に猛毒を含み、これを食べると、所構わず走り回ることから名が付いたようです。おいしそうな山菜に見えますが、決して食べてはいけません。

 

 

0282 エンレイソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンレイソウ(ユリ科)

輪生した3枚の菱形の葉の真ん中に、褐紫色と緑色の混じった色の花をつけます。ちょっと地味な花ですが、「こんな花もあるのか…」と感じることでしょう。漢字名は「延齢草」ですが、本当に効力があるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看板の花「ミズバショウ」が盛りです。

投稿日:2014年4月25日

『ミズバショウの谷』の名にふさわしく、一段低い湿地にはミズバショウとザゼンソウが競い合うように咲き誇っています。この二つの花が一緒に、しかもたくさん見られる所は県内外を問わず、珍しいようです。  

 

0146 ミズバショウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズバショウ(サトイモ科)

白い花びらに見えるところは、中の小さな花の集まりを守るように包んでいる、葉が変化した“苞(ほう)”という部分です。“バショウ”の名の通り、花の後は葉がとても大きくなり、1m位になるものもあります。

 

 

0252 オオバクロモジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバクロモジ(クスノキ科)

ツツジの丘で目立っている黄色い花。数個の小さな花の集まりの真ん中に葉芽がチョコンと立っています。緑色の若い枝には黒い斑があり、わかりやすい木です。枝には芳香もあります。

 

 

0265 オクチョウジザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オクチョウジザクラ(バラ科)

ジュウガツザクラに少し遅れて咲く、小さめのサクラ。大木は少なく細い株立ちの姿がよく見られます。横から花を見ると丁の字形に見えるところから名が付いたようです・

 

 

0236 キバナノアマナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キバナノアマナ(ユリ科)

“アマナ”はふつう白花ですが、本種は六弁の黄花です。ユリ科の花らしく、地下には鱗茎を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツツジの仲間が咲き出しました。

投稿日:2014年4月22日

淋しかったツツジの丘にもようやく花が咲きだしました。 

 

0181 アカヤシオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカヤシオ(ツツジ科)

葉が芽吹く前に花が咲きました。他のツツジはまだ花の蕾が冬のオーバーに包まれています。そんな中、周りのどのツツジよりも早く咲きだし、目だっています。

 

ロックガーデンではこの花が目に入ってきました。

0200 エゾムラサキツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾムラサキツツジ(ツツジ科)

アカヤシオとほぼ同時に咲きだしました。葉も花も枝先に集まって付きます。

 

 

黄色のにぎやかな花もあります。

0179 サンシュユ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンシュユ(ミズキ科)

吉林の庭に何よりも先に咲いたと見えていましたが、それは蕾の姿。今度はちゃんと雄しべなどが見えて開花しているのが分かります。とても賑やかな感じがします。

 

ソックリな花がこれです。

0172 アブラチャン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アブラチャン(クスノキ科)

名前の通り、樹皮や種子には油が多く含まれ、燃えやすい木だと言われています。