カレンダー

2013年10月
« 9月 11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

仮種皮が美しいツルウメモドキ

投稿日:2013年10月20日

 黄色に熟した果実が3つに裂けています。

 

ツルウメモドキ(2)10,9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルウメモドキ(ニシキギ科)

 落葉つる性で山野に普通に生えます。春、集散花序をだし

黄緑色の小さな花を10数個開きました。黄色の果実が熟して

3つに裂けて黄赤色の仮種皮があらわれています。実は野鳥

の好物です。

 

 茎の節が暗紫色を帯びます。

 

フシグロ10,9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フシグロ(ナデシコ科)

 茎の先や葉腋に白色の小さな花をつけています。

花弁の先は2裂します。茎の先が暗紫色を帯びるの

でこの名がつきました。

 

 アメリカヤマボウシともいうハナミズキ

 

ハナミズキ実、冬芽10,9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナミズキ(ミズキ科)

 1912年に当時の東京市長尾崎行雄がワシントンにサクラを贈り、

その返礼として東京に贈られました。春、黄緑色の小さな花が15~

20個集まった球形の頭状花序を作りました。白い花弁状の総苞片の

方が目立ちます。果実が枝先に数個集まってついて深紅色に熟して

います。紅葉もきれいです。